ボディソープが乾燥肌の原因!?界面活性剤を確認しよう

寒い冬は、外気の水蒸気含有量がグンと減るため、お肌が乾燥しやすくなります。

冷たい外気によって身体に冷えが起こりやすくなるため、入浴が至福のリラックスタイムとなることが多いのではないかと思います。

冬にはお肌の保湿効果の高い入浴剤を使用するという方も多いのではないかと思いますが、それら入浴剤が溶け込んだ浴槽でゆっくり身体を温めても、入浴後にはお肌が乾燥してしまうことがあるのではないでしょうか。

そのようなことが起こったら、まず見直しを行って頂きたいのが現在お使いのボディソープに配合されている成分です。

そのボディソープには〇〇成分が配合されていませんか?

〇〇とは、石油由来の界面活性剤です。

界面活性剤はボディソープだけではなく食器用洗剤や洗濯洗剤にも配合されており、頑固な汚れや油などをスッキリと除去する働きを持っています。

ところが、そのように便利な成分であっても、その配合率や濃度が高い製品の場合ではお肌の油分をすっかり取り去ってしまうことが考えられ、肌荒れの原因となることも少なくはありません。

食器用洗剤で手荒れが酷くなったという話はよく耳にしますが、これはまさしく、石油系の界面活性剤がもたらした弊害です。

そして、ボディソープの中にも、この成分の配合率が高いものがあり、それを使い続けることによってお肌は潤いを失い、乾燥肌へと導かれる可能性が高まります。

つまり、このようなボディソープを使っていたのでは、いくら保湿効果の高い入浴剤入りの浴槽に浸かっても、その効果は半減してしまうということですね。

界面活性剤は2種類

界面活性剤と聞くとなにもかもお肌に悪いように思えますが、そのようなことはありません。

界面活性剤は2種類

  • 石油系
  • 天然由来

に分類されており、

  • 石油系の場合ではお肌に悪影響を与える可能性が高くなります
  • 天然由来の界面活性剤であれば、お肌に重大な悪影響を与えることはまずないでしょう。
なにをやっても乾燥肌が改善されない方は、まず現在お使いの石鹸やボディソープに配合されている界面活性剤の種類に着目してみましょう。

石油系と天然由来、どう見分ける?

石油系界面活性剤

  • ラウリル硫酸塩
  • コカミド
  • ステアレス

という表示は、石油系界面活性剤ですので、これらの表示には特に注意して下さい。

  • キレート剤
  • エデト塩酸

は泡立ち成分ですが、これらはお肌への刺激が強い成分ですので、できれば避けておきたいところ。

このような成分が配合されていたとしても、配合成分が明記されている不分の真ん中以降に表示があれば、その配合率はそれほど高くないものと判断することができます。

天然植物由来

 

では、天然植物由来の界面活性剤ではどのように表示されているのでしょうか?

まずわかりやすいのが

  • アミノ酸系(ラウロイルメチルアラニンNa)

という表示です。

さらに、

  • 脂肪酸系(脂肪酸アルナノールアミドなど)
  • ベタイン系(トリメチルグリシン)

などの表示は天然由来の界面活性剤となっています。

石鹸は大丈夫?

石鹸は動物性または植物性石鹸素地を主原料としており、化学物質が数多く配合されているボディソープよりかはお肌に悪影響を与える確率が低いと考えられます。

つまり、ボディソープでお肌が乾燥しがち…と感じた場合には、できる限り100%石鹸素地でつくられている石鹸に変えてみるというのもひとつの方法であるということですね。

また、石油系成分を配合していない石鹸やボディソープを使用したとしてもお風呂上がりの保湿を怠った場合には乾燥からお肌を守ることができません。

お風呂上がりは水分が飛びやすい5分以内を目安に、お肌をきちんと保湿しましょうね。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング