神経バランスが健康を支える!自律神経を整えよう

あなたは“自律神経”って聞いたことがありますか?

自律神経は、私たちが生命活動や健康で正常な生活を送るために欠かすことのできない心身のさまざまな機能や営みをコントロールしてくれる働きを持ちます。

自律神経とひとくくりに呼ばれることが多いですが、自律神経は「交感神経」と「副交感神経」という正反対の役割を持つ2種類の神経の総称です。

この2つの神経がバランスを取り合うことで心身ともに健康な生活を送ることができます。

2つの神経の働き

まず「交感神経」とは、活発に体を動かすための活動をサポートしている神経です。

交感神経はもっとも人間の活動が激しくなる日中になると活発に働きだし、身体の状態に合わせて心臓を動かし呼吸を調節、汗の分泌、血圧の上昇などをコントロールしています。

例えば、誰かとけんかや闘争をするときや、逃げる・隠れるなど興奮状態にあるときに心臓はドキドキと早くなり呼吸は荒くなりますよね。これは交感神経が興奮しているためにおこる現象です。

反対に「副交感神経」とは交感神経とは全く逆の働きを持っています。

交感神経が日中の活動時間に活発に働いているのに対し、副交感神経は体を休めているときに活動を開始。

例えば、食事中や睡眠中など心身ともに落ちつきリラックスしているときに合わせて働き出します。

副交感神経の主な働きは、胃や唾液の分泌、腸内運動の促進、心臓の働きを抑制など交感神経とは反対の働きをします。

神経バランスの乱れが招く心身の不調

通常、健康な人はこの2つの神経が場面や状態に合わせて上手にバランスをとることで快適に過ごすことができます。

しかし何らかの原因によってバランスが崩れてしまうと、

  • 不眠や過眠などの睡眠障害
  • 拒食や過食などの摂食障害
  • 身体機能の低下
  • 内臓機能の低下
  • 肌トラブル
  • 精神状態の乱れ
  • 頭痛や耳鳴り
  • 倦怠感、朝起きれない

など健康な状態では考えられなかった様々な不調が体や心に現れるように・・・。
症状が続き悪化すると“自律神経失調症”の発症につながります。

こんな場合は要注意!

自律神経の乱れによる症状はなかなか自分では気づかないことも多いため、症状が深刻になってから初めてクリニックを受診し診断されるというケースも珍しくありません

身体の機能には特に異常がないのに様々な不調が重なる場合や、わけもなく不安になったり恐怖心に襲われる・・・そんな場合は一度専門家による診断を受けましょう。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング