お酒好きこそ休肝日を!酒量の目安と日数とは

仕事帰りの一杯に寝る前の晩酌・・・など毎日の飲酒が習慣化している人は自分が毎日どれくらいの量のお酒を飲んでいるか把握しているでしょうか?

(今日は一杯だけ!!)なんて思っていたのに、ついつい飲みすぎてしまった・・・そんな経験をしたことがある人は多いと思います。

たしかに節度を守った適度な飲酒は、気分を高揚させ楽しい気分を感じることができますし飲み会などはコミュニケーションの一つとしても欠かせないものだと思います。

しかし、毎日の飲酒やそれに加え毎週末の飲み会など連日にわたる過度な飲酒は肝臓に大きな負担をかけ様々な病気を発症させる原因となります。

そこで、飲みすぎによる肝臓への負担を減らして健康を維持するため注目されているのが“休肝日”なのです。

休肝日って何?

休肝日とは、名前の通り「肝臓を休める日」のことです。

肝臓とアルコールはとても深い関係があり、体内に摂取されたアルコールは肝臓によって分解され最終的には尿として排出されます。しかし毎日の飲酒量が肝臓によって1度に分解できるアルコール量を超えてしまうと肝臓へ大きな負担をかけ肝硬変や脂肪肝など病気の原因に。

また、大量の飲酒が習慣になっている人は一度飲み始めてしまうと、なかなか自分でブレーキをかけることができなくなってしまう傾向にあります。

そこで、飲む量をセーブできないならば初めから全く飲まない日を決めて摂取アルコール量を調節しようという目的で推奨されているのが「休肝日」なのです。

休肝日を取り入れる目安

休肝日を取り入れる目安として厚生労働症が発表している1日の飲酒量は

  • 日本酒・・・1合(180ml)
  • ビール・・・1リットル(500ml缶ビール2本または大瓶1本)
  • ワイン・・・ワイングラス1~2杯

自分の毎日の飲酒量を見直し、これ以上飲んでいるようならば飲みすぎと判断でき休肝日によって飲酒量を調節する必要があります。

休肝日の作り方

休肝日の作り方で一番効果的なのは、1週間のうちで連続した2日を休肝日に設定することです。

例えば、週末に付き合いなどで飲み会が多くお酒を控えにくい場合は平日のうちで連続した2日を休肝日にするなどなるべく続けられそうな曜日に設定して飲酒量を調節します。

飲み会シーズンなどでどうしても設定した日に休肝日をとれそうにない場合は、別の日で調節しましょう。

また、休肝日に設定した2日間(48時間)の間でアルコールに対する禁断症状が現れた場合はアルコール依存症の可能性が考えられます。

アルコール依存症は心身の健康を蝕んでいく恐ろしい病気です。
症状が進行する前に専門医への相談や専門機関の受診をおすすめします。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング