いまさら聞けない!コレステロールっていったい何?

昔からとりすぎは体に良くないといわれている「コレステロール」。

スーパーなどを見てみてもマヨネーズや油などコレステロール0を強調している食品が多く並んでいます。

しかし・・・(コレステロールってなんとなく身体に悪いイメージだけどいったい何?)なんて人も多いのではないでしょうか?

コレステロールはとりすぎると、糖尿病などの生活習慣病や高血圧症、さらには脳卒中や心臓疾患など生死にかかわる重大な病気のリスクを高めます。

コレステロールに対する知識を深め、毎日の生活の中でしっかりコントロールすることが健康な身体の維持につながるのです。

コレステロールって何?

良くない印象の強いコレステロールですが、本来、身体の細胞を構成している細胞膜や、ホルモン、胆汁酸などの材料にもなる非常に重要な物質です。

またコレステロールは2種類に分類することができます。

  • 1つはLDL(悪玉)コレステロールで、血管を介してコレステロールを全身の細胞へと運ぶ役割があります。
  • もう1つはHDL(善玉)コレステロールで、全身に行きわたった後余ってしまったコレステロールを回収し肝臓に運ぶ役割があります。
悪玉、善玉と両極端な名称が付けられていますが、この2つのコレステロールはお互いのバランスが取れている場合、身体に悪影響を与えることはありません。

しかし、体内にLDLコレステロールが増えすぎると回収が追い付かなくなり血管内に徐々に蓄積され始めます。

これにより血液がどろどろになり血栓の原因となったり、血管壁に少しづつ浸透し血管を硬化・・・動脈硬化や脳卒中などを引き起こします。

コレステロールをため過ぎない生活

コレステロールは、増えすぎていても自覚症状などが現れにくいため普段の生活の中でしっかりとコントロールする必要があります。

コレステロールが多くなる一番の原因は、食生活によるもの。
毎日、揚げ物中心の食事やファーストフード、スナック菓子などをたくさん食べる人は要注意です。

コレステロールにかかわらず、健康な生活の基本はバランスの取れた”和食”にあります。魚や野菜などを中心に栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

また、飲酒や喫煙、過度なストレスはLDLコレステロールを増やしHDLコレステロールを減少させLDLコレステロールの働きを活発にします。

コレステロールの増加はどうしたらわかるの?

血中のコレステロールの数値は健康診断で行われる血液検査によって診断することができます。

一般的な健康診断では、LDL-C(LDLコレステロール値)とHDL-C (HDLコレステロール値)、T-CHO(総コレステロール値)を知ることができます。

健康診断で異常が発見されたり、要注意とされた場合必ず早めに専門家による診察や治療を受けることにしましょう。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング