ダイエットは継続が鍵!たまには揚げ物を食べたってOK

[更新]  /  [公開] 2015年11月24日

私はダイエット食、家族は普通食。

ご家族と同居されている方がぶつかる壁、それはご家族が美味しそうに口へ運んでいる食品の誘惑なのではないでしょうか。

たとえば、夕食にロースカツが出てきたとします。
そしてそれがあなたの大好物だったりしたものならパニックですよね?

そして、1切れくらいなら大丈夫…と、誘惑に負けて3切れ食べてしまった。

このようなこともあるでしょう。
ですが、これがきっかけとなってダイエットを諦めてしまってはいけませんよ。

というのは、ダイエット中に誘惑に負けて揚げ物などを食べてしまったとしても、その後の対処によってはダイエットに影響を及ぼさないこともあるのですから。

揚げ物を食べちゃった! どうしよう!?

まあまあ、落ち着いて下さい。
とりあえず食べてしまったものはしかたがありませんので、すぐに頭を切り替えて下さい。

あなたのご家庭にはウーロン茶がありますか?あるのなら、揚げ物を食べた後すぐに飲んで下さい。目安としては、200ml、グラス1杯飲むことです。

たとえば上記で例に挙げたロースカツ3切れであれば、ロースカツそのものに問題があるのではなく、調理に使用されている油と衣に含まれる糖質が問題となるだけです。

糖質はどうにもなりませんが、そこでウーロン茶を飲むことによって、油分はいち早く体外へ排出させることが可能になります。

ダイエット中には必ずウーロン茶やプーアール茶を用意しておき、食中や食間に飲むことをおススメします。

また、揚げ物を食べてしまったことに対して罪悪感を持つ必要もありません。
食べたら食べたで良しとし、「今日は私の身体が油分を欲した日」として割り切ってしまいましょう。

次の日からまたダイエット食に戻せばまったく問題はありません。

続けて食べないこと、これがコツです

たったの1回だけ揚げ物を食べたことにより、そこでダイエットを諦めてしまう方がいらっしゃいますが、これは本当にもったいない話です。

1、2㎏の減量目標であれば1週間~2週間程度でクリアーすることが可能ですが、5㎏以上の減量となると、最低でも2カ月程度はダイエットに取り組む必要があります。

そのようなときに、たったの1回なにかダイエットの妨げになる食品を口にしてしまったとしても、それがダイエットに大きな影響を及ぼす心配はまずありません。

ダイエット中に高カロリー食品を食べてしまったら、いったんそれは忘れて、続けて高カロリー食を食べないこと。

これがダイエットを長続きさせるコツですよ。

[ ダイエット食品 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング