慢性化した肩こりは病気のもと?肩こり解消法とは

photo credit: This is where the blow may hit, but not where it hurts
photo credit: This is where the blow may hit, but not where it hurts

仕事や勉強のしすぎはもちろん、パソコンやスマホを使いすぎて肩こりや首のこりに悩まされている人も多いでしょう。

肩こりが慢性化しすぎて、自分が肩こりであることに気づいてないほどのひどい症状の人も珍しくありません。

言われてみると肩が痛い、触ってみた肩が固いという方、この機会に肩こりに注目してみてください。

肩こりとは?

肩こりはなぜ起きてしまうのでしょうか?
人は重い頭を細い首で支え、二足歩行で立っています。
この姿勢により、大切な頭の重さを支える首と肩には多くの負荷がかかっています。

さらに肩を動かさずに血行不良を起こしてしまえば、筋肉には栄養がいきわたらなくなってしまいます。

栄養不十分な力のない筋肉で重い頭を支えることはとても大変なこと。
血流不足と筋肉の衰えにより、肩に痛みや違和感を抱えるようになります。

肩こりの具体的な原因

デスクワークなどで同じ姿勢を続けている場合、肩こりは発症しやすくなります。

これは同じ姿勢を続けることによる血行不良と、仕事の緊張感によるストレスと疲労が重なり、肩に負担がかかってしまうからです。

さらに姿勢が悪いと余計な負担がかかり、痛みを伴う肩こりがおこることも。
仕事中の姿勢の悪さだけでなく、普段立っている時や座っている時のバランスの悪さも原因となります。

例えばいつも同じ肩にばかりカバンをかけていることで肩こりになることも。
また、ファッションを優先して肩や首を冷やす服を着ていることで、肩こりをひどくしてしまいます。

女性に多い肩こりは仕事内容だけでなく、バッグの持ち方や選ぶ服が原因の冷え性によって発症することも多くあります。

肩こりを放っておくと

たかが肩こりと放っておくのは危険です。

肩こりの原因にはただの血行不良だけではなく、心筋梗塞やくも膜下出血などの大きな病気が隠されていることもあります。

ひどい痛みや異常を感じた時は、ただちに病院にて医師の診察を受けてください。

血行不良により肩こりでも、放っておけば危険な症状を発することがあります。
頭痛やめまい、耳鳴りや神経痛などの不具合が起きる、体の冷えをさらにひどくするなどの可能性もあります。

冷えが慢性化すると生理不順や子宮や卵巣にまで病気を発症させてしまうことも。
肩のこりは早々に取り除くよう努力した方が、健康な身体を守ることができます。

肩こり解消法

肩こり解消法は肩を動かすこと。運動でもストレッチでも構いません。

球技などで肩や腕を動かすのはもちろん、ウォーキングをする際に腕を大きく振ることも肩こり解消になります。

同じ姿勢が続いてしまった時は、肩を大きく回すなどの簡単なストレッチをしてみましょう。

肩を上下に動かす、肩甲骨を意識しながら回すなど、肩全体を動かすような大きな動作が有効です。

反動をつけず、ゆっくりと呼吸しながら行うのがおすすめです。
固まった筋肉がほぐされることにより、血流が巡るようになって痛みが緩和されます。

できれば肩こりを感じる前に、時間を決めて定期的に行うようにしてみましょう。
また、入浴などで全身を温める方法も血流を促し、肩こりを緩和させることができます。

入浴が無理でも蒸しタオルを作り、数分だけ首と肩に当てるだけでも有効です。
ついでに目にも蒸しタオルを当て、目の疲労も取り去ることで首や肩も楽になります。

意識しないと肩が凝っていることに気づけない。そんな状態になる前に、肩の血行不良を解消しておきましょう。

重大な病気やわずらわしい体調不良を防ぐためにも肩のこりは早めに対策を練っておく必要があります。

たかが肩こりと思わずに毎日丁寧にケアをし、大切な身体を守りましょう。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング