健康な身体と心は腸から作る!腸内環境を整え免疫力UP↑

病気にかかりやすい、ストレスを感じやすいという方、その原因は腸にあるのかもしれません。

腸の異変には気付きにくいもの。ですが、便秘がちである、食欲がないなど思い当たる節はありませんか?

  • 腸が正常に働かないと何を食べてもうまく分解できなくなり、便の調子は乱れてしまいます。
  • 食べても食べても栄養失調、毒素ばかりが体に溜まるという悪循環が生まれてしまいます。
  • 腸内にいる菌のバランスが乱れ、体に多くの毒素を発生させてしまうことで調子を崩している可能性があります。

「疲れているだけ」「年齢のせい」と思い込まず、腸内環境が乱れていないかを探ってみてください。

腸に存在する菌の働き

腸には多種多様の菌が存在しています。

その中にいる善玉菌という菌が食物から得た栄養を分解し、消化を助ける働きを行っています。体に必要な栄養素を取り出し、体内へと循環させる大切な役割を担っているのです。

この善玉菌の働きがあることで腸内環境は正常に整い、体の免疫力を高めています。

いっぽう、同じ腸の中には善玉菌とは反対の悪玉菌という菌も存在しています。

その名のとおり善玉菌とは逆の働きを行い、食物を腐らせてしまう、体の抵抗力を弱めるなどの働きをします。

悪玉菌が増えすぎると腸内で毒素を発生させ、危険な場合、発がん性物質を作り出すこともあるのです。

腸内環境の乱れとは?

年齢を重ねると抵抗力が弱くなり、風邪を引きやすくなる、インフルエンザにかかると重症化してしまうなどのリスクが増えます。

この原因の一つが、善玉菌の減少と悪玉菌の増加にあります。
たとえ年齢が若くとも、食生活の乱れによって腸内環境が悪化することにより、病気にかかる可能性、治りにくくなるリスクを抱えることになります。

腸内環境の乱れは悪玉菌の増加による、善玉菌の減少にあります。
悪化させると汚れた血液が体内を循環するようになり、各臓器や自律神経にまで悪影響を与え、やっかいな病気を引き起こす原因にもなってしまいます。

腸内環境によって気分まで変わる

腸内環境が乱れると「イライラする」というような、気分にも影響を与えてしまいます。

腸は「第二の脳」とも呼ばれ、脳と連携して自律神経のバランスを整える器官でもあります。

精神を安定させるホルモンは、実は脳ではなく腸から分泌されています。

腸内環境が良くなければ、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」は分泌されなくなり、気分が落ち込む、怒りっぽくなるといった心の変化が表れやすくなるのです。

腸内環境を整えるには

善玉菌を増やすことによって、この二つのバランスを反転させれば、腸内環境は正常化されます。

善玉菌を増やすのは簡単、善玉菌が含まれた食材を摂取すればいいのです。

逆に、悪玉菌の元となるジャンクフードや油分の多い外食などを控えるようにしましょう。せっかく善玉菌を増やそうとしても、同時に悪玉菌を増やしては意味がありません。

食生活のバランスを見直し、体に良い食事を心がけることが病気を防ぐコツになります。また、適度な運動を心掛け、腸を刺激して便を出しやすくするよう注意してみましょう。

便が溜まると体内で腐敗し、悪玉菌の温床となります。
ウォーキングやストレッチなどの下腹部を動かす運動を取り入れ、便秘体質を治すよう努力してみましょう。

目には見えない腸を意識するのは難しいものに感じてしまいますが、普段の便の回数や臭いに異常がないか注目してみてください。

便秘ではなくとも、軟便である、オナラが臭いという方は腸内に問題がある可能性大です。また、体が重い、頭が痛い、イライラしがちという症状も、腸内に問題があるサインです。

ぜひ腸を正常に保ち、心身共に健康な身体を維持するように心がけてみてください。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング