翌日に後悔しないために二日酔いを防ぐ3つの方法

photo credit: saudade
photo credit: saudade

二日酔いって本当にしんどいですし、できれば回避してしまいたいものです。

ところが、暮れには忘年会、年明けには新年会と、なにかとお酒を飲む機会が増える時期には、どうしても二日酔いの状態となってしまう日があるでしょう。

ですが、お酒の席の前後にちょっとした工夫を行うことで、二日酔いを回避あるいは軽くすることは可能です。

では、それにはどのような方法があるのか見て行くことにしましょう。

ウコンに頼る!

現在、ドラッグストアやコンビニなどでウコンドリンクやウコンの錠剤が販売されています。

ウコンの有効成分であるクルクミンには、肝臓機能を強化する働きがあり、肝臓でのアルコール分解の速度を速めます。

ウコンドリンクや錠剤はちょっと癖があって飲みにくいですが、アルコールを摂取する1時間前に飲んでおくことにより、ひどい二日酔いに陥る確率は下がりますよ。

シジミに頼る!

これはアルコールを摂取したあとに有効な方法ですが、お椀一杯のシジミ汁を飲む、あるいはシジミエキス配合のサプリを摂取するという方法が二日酔いの回復を速めます。

シジミにはオルニチンという成分が含まれており、肝臓機能の向上に役立ちます。

また、普段からシジミ汁やサプリを飲んでおくと、知らず知らずのうちに肝臓機能が向上しますので、アルコールを飲む機会が多い方は、ぜひ試してみて下さいね。

水に頼る!

アルコールを飲む合間にちょくちょく水を飲んでおくと、二日酔いになりにくいといわれています。

ビールをもう1杯! といいたいところを、3回に1回程度水を1杯! に変えてみましょう。

アルコールを飲んでいる最中にこのような処置を行っておけば、二日酔いになってしまったとしても、軽いレベルで済むはずですよ。

肌荒れ注意!

上記では二日酔いに対する対策をご紹介させて頂きましたが、アルコールの大量摂取は身体から水分を奪い、乾燥肌の原因となります。

アルコールを大量摂取したあとには水をたくさん飲みましょう。

また、どんなことがあってもメイクだけはきちんとオフしてから休んで下さいね。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング