乳酸菌を摂るベストなタイミングとは

乳酸菌の摂取は、私たちのお腹の調子を整えてくれるだけではなく、美肌づくりにも役立ちます。

ですが、同じ乳酸菌を体内に取り込むにしても、それを行うタイミングによっては効果が薄れてしまうことがあるということ、ご存じでしたか?

美容と健康のために乳酸菌の摂取を心がけているという方は、今度はそれを摂取するタイミングに目を向けてみて下さいね。

乳酸菌を摂取するベストなタイミングはいつ?

それは、食後です。
というのは、乳酸菌は胃酸に弱く、胃酸が多く分泌されているタイミングで摂取を行うと、腸に到達する前に死滅してしまうこともあります。

では、私たちの胃酸がもっとも多く分泌されるのはいつなのでしょうか?

それは、空腹時と食事中です。つまり、このタイミングではなく食後に乳酸菌を摂取することが望ましいということになります。

乳酸菌飲料に注意しましょう

乳酸菌を含む食品には、ヨーグルトやヨーグルトドリンク、乳酸菌飲料などがありますね。

そして、これらを摂取するときに注意して頂きたいのがカロリーです。

たとえば、プレーンヨーグルトであれば100gでは50キロカロリー程度、200gでも100キロカロリー前後となり、それほど気にするカロリーでないことがわかります。

ところが、ヨーグルトドリンクの中には高濃度で糖分を配合しているものもあり、乳酸菌と同時に糖分を必要以上に摂取してしまう可能性もあります。

そして、これは乳酸菌飲料でも同様です。
糖分を過剰に摂取してしまうと、体内で分解。代謝しきれなかった余剰分が脂肪分として蓄積されるようになりますので、当然のことながら太りやすくなります。

乳酸菌を摂取する場合には、乳酸菌そのものだけに目を向けるのではなく、その食品のカロリーもきちんと把握しておくことが大切ですよ。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング