肌老化の原因「ブルーライト」からお肌を守る成分とは

[更新]  /  [公開] 2015年11月21日

あなたのご職業はなんですか?
1日中パソコンと睨めっこ?

それならば、ぜひ注意して頂きたいことがあります。
それは、ブルーライトからあなたの健康を守るということです。

ブルーライトとは、可視光線(肉眼で確認することのできる光)の中では最もパワーが強く、脳や目の網膜に悪影響を及ぼすといわれているものです。

ブルーライトで脳が興奮状態に!?

私たちの脳からは、睡眠を司るメラトニンというホルモンが分泌されますが、このホルモンは体温の温存や血圧、脈拍などにも影響し、分泌の低下が起こるとこれらすべてに悪影響を及ぼします。

メラトニンが分泌されると、これらの機能のすべてが鈍くなり、それを受けた脳は「睡眠の準備完了」と認識して自然な睡眠が訪れます。

ところが、ブルーライトによって刺激を受けた脳からのメラトニン分泌は極端に少なくなることがあり、そうなってしまうといつまでも興奮した状態の脳は「睡眠の準備完了」という指令を身体の各器官に対して発信することができなくなります。

そして、これが睡眠不足を招く結果になるということです。

これは視神経がブルーライトによる刺激を受けることが原因となって起こりますので、パソコンの前に腰かけるときには、ブルーライトをカットする眼鏡を使用することをおススメします。

なんとなくシミが増えた気がする

シミのいちばんの大敵は紫外線ですが、実はブルーライトも紫外線と同様にお肌の奥深くに入り込み、シミを作り出す原因となります。

また、ブルーライトは紫外線と同様にお肌の乾燥の原因ともなりますので、長時間浴び続けた場合には肌老化のスピードが速まる可能性が高くなります。

では、それに対してどのような対策を行うことがベストなのでしょうか? 

ルティンがあなたのお肌を守ります!

ルティンとは、強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、食品ではブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

つまり、緑黄色野菜を多く摂取することにより、身体の内部からブルーライト被害に対するケアを行うことができるということになりますが、それだけでは十分であるといえません。

十分なケアを行うには、ルティンを高濃度で配合しているクリームの使用がいちばんです。

日中パソコンに向かう際にはメイクをしているから大丈夫、などと安心する前に、ぜひルティンを配合しているクリームをメイク前に使用し、ブルーライトからあなたの大切なお肌を守りましょう。

また、首は見落としてしまいがちな部分ですが、パソコンに向かっている間中には首もたっぷりとブルーライトを浴びてしまっています。

首老化を防ぐために、首にもルティン配合のクリームを薄く塗り、ブルーライトによる被害から守りましょう。

[ しわ・たるみ ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング