ぼかしメイクで上級者級に!ぼかしに使えるアイテムとは

アイライナーやリップライン、印象付けるようにしっかりと入れたけれど、ちょっとキツめの顔に仕上がっちゃったという小さな失敗をしたことはありませんか?

もっとソフトにカジュアルに、目元はパッチリさせたいけれど女らしさも出したいという時は「ぼかしテクニック」を取り入れてみてください。

少しぼかすだけでメイクが驚くほどなじみ、上級者級に仕上がりが変わります。
どこにでもあるアイテムを使って、ぼかしテクニックをマスターしましょう。

ぼかしメイクに使えるアイテム

ぼかすのに便利なアイテムは、「ブラシ」と「綿棒」と「指」です。
ブラシは色を広げる時、他の色を重ねる時にはとても便利なアイテムです。

ただし大きさを誤ると、ぼかしたい部分にブラシが入りにくくなるため、小さめのブラシを用いるようにしましょう。

綿棒はより細かい部分に使えますし、指先は肌になじむナチュラル感を作りたい時には最適なアイテムです。

アイメイクをぼかす

濃色のアイシャドウの印象を弱めず、重さだけとるのならぼかしが有効です。

  • まず、ブラシにベージュなどの淡い色をとり、目の際を避けてサッと一塗りします。
  • さらにまぶたの中央部分に丸く、ワンポイントにハイライトカラーをのせましょう。
  • 目の際から上方向に向かって自然なグラデーションが生まれ、まぶた中央にハイライトがのることによって立体感が生まれます。

目の際には濃い色だけが残るため、明るさを取り入れながらも、アイラインの印象を弱めない自然なアイメイクが完成します。

アイライナーを重ねた場合は綿棒でぼかしを入れると、さらにグラデーションの深みが増します。

リップをぼかす

鮮やかなオレンジや大人っぽいレッドで唇全部を彩ってしまうのは、重いメイクに感じる時もあります。

そんな時はリップを唇中央にポンッとのせ、のせた部分の境目を指やブラシで丁寧にぼかしていきます。

初心者ならば指先で、ポンポンと唇を軽くタッピングするように境目をぼかしていきましょう。唇そのものがリップの色に発色しているような、自然な色づきメイクが完成します。

物足りないときには、一度コンシーラーで素の唇の色を消してからリップを重ね、リップライナーでラインだけを薄く描いてからリップをのせてみてください。

すっぴん風、カジュアル、少しだけフォーマルなど、その日のファッションに合わせたぼかしメイクができます。

「ぼかし」というひと手間で、顔の印象は驚くほど変わります。
ぜひ、自分の顔で確かめ、メイクの技をワンランクアップさせましょう。

[ メイク ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング