カジュアルなのに色っぽいメイクのポイントはリップ

 

ナチュラルなのに色気のある女性の魅力を、メイクで作ってみませんか?

濃いメイクでもなく、セクシーな服を着ているわけでもないのに、色っぽさを感じさせる女性っていますよね。

そんなナチュラルな色気は抜け感のあるメイクで作れます。
カジュアルなのに色気を感じさせるメイク法をご紹介します。

ベースメイクは軽めに

ポイントメイクを際立たせるためには、ベースメイクはナチュラルに仕上げてください。
ベースまでしっかり仕上げてしまうとスキがなく、近づきがたい印象になります。

ファンデーションは薄めに、もしくはBBクリームで仕上げる程度の軽さに留めておきましょう。
肌がテカリすぎると清潔感がなくなるため、皮脂の出やすい箇所はルースパウダーを重ねておいてください。

目元はコントラストを効かせる

アイシャドウを何色も重ねた目元は重すぎるもの。
ですが、すっぴん風メイクで色気を感じさせるのは難しいため、もう少し手を加えたいところです。

白目と黒目のコントラストをはっきりさせ、視線を逸らせなくなる目元を作りましょう。

  • ベージュやブラウンのアイシャドウを淡くのせ、黒のリキッドアイライナーを細めに引きます。ペンを持つ手とは逆の手でまぶたを持ち上げ、まつげの生え際を黒々とさせるのがポイントです。
  • まつ毛をカールさせたら黒のマスカラを一度塗りします。
    ナチュラルなのに目元の黒さが強まり、白目の白さが際立つようになります。
  • 最後に目頭と目の下にハイライトを薄く入れ、黒目の黒さをより引き立たせます。

ぽってりと艶のある唇にする

色っぽいメイクのポイントは目元よりも唇。

対面すると目線を合わせるのは恥ずかしいため、男性は女性の目元よりも唇を見る傾向にあります。そのためリップメイクを丁寧に施すと、色っぽい印象を与えることができます。

  • まずはリップブラシで少しオーバーぎみにラインを引き、綿棒でぼかします。
  • 上唇の山や、下唇の中央部分は丸みが出るように意識して縁取りましょう。
  • シアーカラーなグロスやリップを重ね、ほんのり色づきながらも立体感のある唇を作りましょう。

ぽってりとした、潤いのある唇を作り出すことができます。

色っぽいメイクと聞くと、どうしても必要以上にメイクしてしまうのが失敗の原因。
普段着で気取らない色っぽさを狙うなら、あえて手を抜くところを作るのがポイントです。

カジュアルな色っぽさを取り入れ、いつもとはちょっと違う自分を演出してみましょう。

[ メイク ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング