ダイエットの前に腸内フローラを改善・整える

健康にはもちろん、ダイエットにおいても重要な腸内環境。
いくら食事制限や運動をしても腸の調子が悪ければ効果は出ません。

不調の原因は、腸にとって大切な腸内フローラの環境が整っていないことが原因かもしれません。

腸内フローラに良い環境を作りだし、ダイエットを成功させる方法を探ってみましょう。

腸内フローラとは?

腸の中には約100兆匹もの多種多様の腸内細菌が存在し、腸内に花畑のように広がっています。この様子から腸内のお花畑、腸内フローラと呼ばれています。

近年の研究では腸内フローラから病気の有無を始め、太りやすい体質であるかどうかも分かるようになりました。

腸内フローラが整っていないことが原因で太りやすい場合、どんなにダイエットをしても効果を表すことはありません。

運動やエステを始めるよりも先に、腸を整えることから始めないとダイエットは失敗してしまうのです。

太りやすい腸内フローラの特徴

同じ食事と運動をしていても、腸内フローラの環境が異なることで太る人と痩せる人がいます。

太りやすい腸内フローラの持ち主の特徴は便秘がちなこと。3日以上排便がないことが珍しくないという方は要注意です。

他にもお腹がポッコリと膨れている、ダイエットをしていても体重が増加するといった傾向はありませんか?

毎日排便があっても充分な量ではない、隠れ便秘症かもしれません。
腸が不調であると、せっかく食事をしても吸収が悪く、成分が脂肪となってしまいます。

放っておけばダイエットがうまくいかないだけでなく、肌の調子が悪くなる、病気を引き起こすといったリスクを抱えることになることを覚えておきましょう。

腸内フローラを整えるには

健康な腸内フローラに必要なのは善玉菌です。
体に必要な善玉菌、害を与える悪玉菌、どちらにも属さない日和見菌の3つが腸内フローラに存在し、悪玉菌より善玉菌の方が多い環境が理想とされています。

痩せにくい体質の方の腸内フローラは、この善玉菌が少なく、悪玉菌が増えていることが原因です。

そして悪玉菌が多い原因は、やはり食生活。
高カロリーで脂肪の多い食事のとり過ぎで腸内環境を乱しているのです。

善玉菌を増やすには、発酵食品を食べて乳酸菌を増やすこと、善玉菌の餌となる食物繊維を摂取することです。

食生活で便秘を解消させることで腸内フローラを正常化させることができます。

まずはお腹の中の環境を整えることからダイエットを意識してみましょう。
健康のためにも、理想的な腸内フローラを作り出すことから始めてみてください。

[ ダイエット ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング