メリットいっぱい ~ブースター化粧品の役割とは?選び方のコツ~

[更新]  /  [公開] 2015年11月18日

化粧水や美容液がなかなか肌に入っていかない、化粧品の効果が実感できない、と感じることはありませんか?

これは良い!と思って買ったのに、キレイになった実感がないなら化粧品は買い損…。

そんな不満を持っている方、化粧品を買い替える前に”ブースター化粧品”をプラスしてみてはいかが?

化粧品の効果を引き出してくれる化粧品、それがブースター!

化粧水でも美容液でも乳液でもクリームでもない、スキンケア化粧品のカテゴリの1つがブースター。

ブースターという言葉は、「後押しする」「押し上げる」「高める」などを意味していて、”導入化粧水”と呼ばれたりもします。

つまり、他のスキンケア化粧品を肌に浸透しやすくする働きをするのがブースターなのです。

ブースターを使うとキレイになれる理由とは?

どんなに高価で美容成分を豊富に含んでいる美容液や化粧水を使っていても、しっかり肌に浸透しなければ意味がないですよね。

そこで注目したい化粧品がブースターと言われる化粧品。
プレ化粧水や、導入美容液とも呼ばれます。

ブースターの働きは、肌を柔らかくしてその後に使う化粧品の成分をきちんと角質層に届けるので、化粧品の美容効果を最大限に引き出してくれます。

浸透力や保湿力をアップさせる仕組みは製品によってさまざまですが、代表的なのが肌のpHをコントロールする仕組み。

通常pH5~6の弱酸性である肌にブースターをつけるとアルカリ性に変わり、それを中和するために肌が活性化して保湿力と浸透力を高めてくれます。

ブースターにはメリットがたくさん!

手持ちの化粧品の効果をアップさせられるブースターには、たくさんのメリットがあります。

・とにかく手軽!

化粧品の浸透を良くしようと思ったら、化粧水を何度かに分けてハンドプレスでゆっくり押し込むとか、蒸しタオルを使うという方法もあります。

でも、忙しい毎日を送る女性のみなさんは、できればスキンケアは手軽に済ませたいですよね。

ブースターならパパッとなじませるだけなので手間がかかることはありません。
簡単に化粧品の効果をアップさせることができるのが良いところなのです。

・化粧品の買い替え不要!

今使っている化粧品で効果を感じないとき、買い替えを考えてしまいますよね。化粧水に美容液に乳液に…全てのラインを買い替えるのはお財布にも大打撃。

でも、本当は化粧品が良くない、肌に合わないのではなく、成分がうまく肌に届いていないだけかもしれません。

ブースターならプラスするだけでスキンケア効果を高めてくれる可能性があるので、化粧品を買い替えなくてもスキンケアの見直しができます。

高級な化粧品を使っているのに効果が感じられない、という人にこそ試してほしいアイテムです。

・ターンオーバーが遅れがちな年齢肌にも効果アリ!

年齢を重ねるにつれて肌のターンオーバーは遅れがちになります。
すると角質層が厚くなるので肌が固く老けた印象になったり、化粧品の成分も浸透しにくくなってしまいますよね。
ブースターによって角質層を柔らかくすることでターンオーバーが促進されますし、エイジングケアの化粧品も肌に届きやすくなります。

ブースターを選ぶコツ

ブースター化粧品にはテクスチャーや使い方によっていくつか種類があるので、選ぶ際に迷ってしまうかもしれません。

肌質別におすすめのタイプを紹介します。

・ふき取りタイプ

コットンにつけて顔全体の角質や汚れをふき取ることで、ターンオーバーを助けて肌を柔らかくしてくれるブースターです。

脂っぽさが気になるとか、毛穴の詰まり、肌のゴワつきが気になる方におすすめ。

・ジェルタイプ・ミルクタイプ

肌に直接のせるタイプのブースターです。ジェルやミルクタイプになっていて、肌によく浸透します。
ふき取りタイプはコットンの摩擦で肌に刺激を与えてしまいやすいので、敏感肌の方はこちらのタイプが良いでしょう。

・オイルタイプ

水分も油分も不足しているカサカサの乾燥肌には、オイルタイプのブースターがおすすめです。
ホホバオイルやアルガンオイルなどの美容オイルもブースターとして洗顔後すぐに少量使ってもOK。

化粧水の前にオイルというと変な感じがしますが、スキンケアの最初にオイルを馴染ませることで肌を柔らかく保湿してくれるのでブースター効果があるのだそう。


 ブースター化粧品を選ぶ際は肌質の目安で決めるだけでなく、サンプルやテスターで試して好みの使用感のものを選んでもOK。

いつものスキンケアにプラスするだけのブースターで、今以上に満足できる肌を目指してみては?

[ しわ・たるみ ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング