眠れない、途中で目覚める、寝た気がしない…あなたを悩ます「睡眠障害」とは?

[更新]  /  [公開] 2015年11月12日

最近寝つきが悪い、何か寝たような気がしない・・など、睡眠にまつわるトラブルは、もはや普通のこと、でも実はこの2つは、睡眠障害の中の「不眠症」と呼ばれるもの、他にも睡眠障害は色々な種類があるのです。

睡眠障害もいろいろ

睡眠障害は「寝つきが悪い」「途中で目が覚める」など、睡眠時間そのものが短くなってしまう「不眠症」が1番多い症状です。

「不眠症」は

  1. 入眠障害(寝られない)
  2. 中途覚醒(途中で目が覚める)
  3. 早朝覚醒(早く目が覚めてしまい2度寝も出来ない)
  4. 熟睡感の欠落(寝る時間は足りているはずなのに、休んだすっきり感がない)

の4つに分かれます。

不眠症になる原因

不眠症になる原因は、心理的な理由(ストレスなど)また身体的な理由(体が痛い、かゆいなど)環境要因(周りがうるさい、布団が固いなど)薬剤の副作用(アルコールや喫煙を含む)、そして高齢になり寝る力が落ちている、また精神疾患などの病気もあります。

なぜ、不眠症になるかというと、上のような理由により、自律神経の中の「テンションを上げる」交感神経が働きっぱなしになり、「寝るモード」にうまく対応できていないためなのです。

心理的要因についていえば、とてもプレッシャーのかかる仕事を任されたとき~気の休まる時がない・・と感じますよね。文字通り、1日中神経が休んでいないのです。

また体や環境に不快症状を感じる時も同じです。リラックスできない=交感神経が休まないということなんですね。こうして睡眠に支障が出てくるんです。

不眠症解決は、交感神経をうまく休ませること

ですから、不眠症の解決方法は「リラックスすること」が大事なのです。

具体的には、日中にテンションをあげすぎず、寝る前に徐々にリラックスモードにしていくことです。

そのために寝る3時間くらい前から、儀式を作っておくと良いでしょう。

例えば、テレビを見る→お風呂に入る→肌の手入れをする→ベッドの中で寝る前用の音楽を聴きながら白湯を飲むといった感じですね。

ワンパターンの儀式をすることで、交感神経が休み、副交感神経が働き、眠りモードに入りやすくなります。

また交感神経は、光や音、カフェインなどによって働きが活発化するため、寝る前のスマホや大音量の音楽、また緑茶や紅茶などはやめておきましょう。ほうじ茶や白湯が1番お勧めです。

また「寝られない」ことを気にすること自体が、大きなストレスになり、不眠症をより悪化させます。

早朝覚醒の場合は、そのまま開き直って起きておくこと、また高齢者の睡眠不足は、体がたくさんの睡眠を取るように出来ていないせいでもあります。つまり「当たり前=健康」な状態なのです。

気にせず、睡眠時間少な目を維持することも大事です。

また日中のテンションを上げないため、ゴロゴロしているというのもダメです。

程よい運動などで、昼と夜のメリハリをつけることで、自律神経の働きが良くなります。

特に、熟睡感欠落の場合は、メリハリを意識してみましょう。

不眠症以外の睡眠障害とは?

まず過眠症があります。日中過度の眠気に襲われ、生活に差し障る状態です。

ナルコレプシーという病気が1番多く、脳機能の異常であることが多いため、病院へ行った方がよいでしょう。

また睡眠時に体に異常を起こすために起きる「睡眠時随伴症」があります。寝言、歯ぎしり、いびき、夢遊行動、その他に寝る時に足がむずむずしてしまい寝られない「むずむず足症候群」や寝ている最中に足がぴくぴくする「周期性四肢運動障害」

また寝ているときに、呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」などがあります。

これらは、まず障害となる理由を、突き止めることが大事ですので、この場合も病院に行くことをお勧めします。

体内リズムが狂う睡眠障害

仕事のシフトが、昼夜ごちゃ混ぜだったりする場合、体内時計が狂い、眠る時間が完全に狂うことがあります。不眠症を放置した結果、こうなってしまうこともあります。

また人の体内時計には個人差があり、そのため、だんだん早い時間に眠くなる人、逆に睡眠時間が遅くなっていく人もあり、通勤、通学に支障が出ることもあります。

こういった睡眠時間の狂いのために起きる睡眠障害を「概日リズム障害」と言います。

体内時計を修正するための、光療法や眠りを誘うメラトニン入りの薬を飲むなどの治療法があります。

心身の健康の要である睡眠、障害を放置しておくと体に悪影響が出て、より睡眠障害も悪化する・・なんてことにもなりがち、早めに原因を突き止め、解決したいものですね。

>> 自然成分で癖にならない!睡眠サプリランキング

[ 特集 - 睡眠 ]

[ 睡眠 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング