同じメーカー、ブランド、ラインの化粧品でもパッチテストは必要?

photo credit: cura.
photo credit: cura.

化粧品は定期的に見なおされ、リニューアルしています。
お肌についての研究はいまもどんどん進んでいるので、より低刺激で肌にやさしいものが開発され続けているんですね。

ときには、同じメーカーの同じブランド、同じラインで新製品が出ることもあります。
前の製品が大丈夫だったら、今度も大丈夫でしょうか?

パッチテストはやりましょう

基本的には、大丈夫です。

同じメーカーのものなら、研究開発はそれまでの商品をベースに行っていますし、使用者からの声や商品のコンセプトに変更はありません。

ただし新しく成分を追加したり、使用する材料を変更したりした場合は、確認したほうがいいでしょう。

敏感肌の人は、かならずサンプルでパッチテストをしましょう。
普通肌には刺激にならない程度の変化でも、敏感肌は反応することがあるからです。

また、それまで同じブランドの普通肌ラインを使っていた人が、脂性敏感肌や乾燥性敏感肌用のラインに切り替える時も、事前にテストをすると安心です。

腕などの皮膚が比較的厚い部分をつかい、もしトラブルが出ても最小限で済むようにしておくといいですね。

パッチテストは24~48時間

ところで、パッチテストの正しいやり方をご存知ですか?
パッチテストは皮膚の反応を見るためなので、短時間では正しい結果が得られないこともあります。

●テストをする部位

まず、テストする場所は二の腕や太もも。
ここにテストをしたい化粧品を10円玉サイズだけつけます。

●テストをする時間

そのまま24時間おいておく(お風呂に入っても差し支えありません)。
これで、肌に赤みが出ないか、かゆみがないかを確認します。

敏感肌の人は、もう少し本格的にテストするといいでしょう。
市販のばんそうこうのガーゼ部分に化粧品をつけ、そのまま張り付けて48時間おきます。

お風呂の入る時は、ビニールやラップを巻いて濡れないようにします。
化粧水や乳液などは、48時間かけて肌への影響を確かめたほうがいいでしょう。

敏感肌の人でも、48時間で反応がなければ使ってもトラブルにならないはずです。

新製品はテストを

敏感肌は、少しの刺激でも反応しやすくなっているので、よりデリケートな注意が必要です。

これまで使ってきた基礎化粧品ラインだからと、いきなり使ってしまうのはNGです。
新商品、リニューアル商品の時は、必ずパッチテストをするようにします。

もちろん新しいメーカーの化粧品の時は、48時間のパッチテストがおすすめです

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング