無添加コスメとオーガニックコスメの違いと注意点

日本語には、よく似ていて、違いがわからない言葉があります。

「無添加コスメ」と「オーガニックコスメ」
どちらもお肌にやさしく、敏感肌には使いやすいイメージですね。

低刺激な化粧品ですが、微妙に意味が違うのです。

無添加は、何らかの添加物が入っていないもの

無添加化粧品とは、特定の人工添加物を使用していない化粧品です。

無着色(着色料を使っていない)、無香料、防腐剤不使用などですね。

着色料や香料は、化粧品の見た目や購買意欲をそそるために追加される添加物で、本来は化粧品に不必要な要素です。

これらの人工添加物は肌への刺激になりやすいので、敏感肌の人は避けたほうがいいでしょう。ただし、どんな化粧品もまったくの「無添加」にはなりません。

なにも添加しない化粧水は、ただの水、精製水です。
どの化粧品なら大丈夫かは、試してみるのが一番です。

オーガニックコスメは自然の材料が多い

オーガニックコスメは、天然の材料をつかって作られた化粧品です。
材料に植物エキスを抽出した成分が多く含まれています。

たとえば洗浄成分にしても、ぬかや小豆の粉、豆の粉をつかい、穀物のサポニンで洗う製品もあります。

防腐剤も人工でなくて抗酸化力の強い植物エキスを使い、防腐作用のあるエッセンシャルオイルを配合します。

ただし、オーガニックコスメの多くは使用期限が短く、新鮮なうちに使い切る必要があります。
天然、自然の材料を使っているので、決められた期間以上たってから使用すると、せっかくのオーガニックコスメの効果がなくなります。

特定の食品や物質にアレルギーがある人は、材料をよく見てから使ってください。
もしアレルギーのもとになるものが入っていると、危険なこともあります。

先にいったように添加物がまったく含まれない化粧品は成立しませんが、無添加化粧品・オーガニック化粧品はお肌への刺激を最小限にすることによって、敏感肌でも使える化粧品になっています。

表示されている指定成分は要注意

指定成分とは、使用する人の体質によっては、まれにアレルギーなどの肌トラブルを起こす可能性がある成分のこと。

現在は香料も含めて103種類の指定成分があり、配合されている量が多い順で化粧品パッケージに表示されています。

敏感肌の人は、必ず使用前に成分をチェックしましょう。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング