大人ニキビの治し方・スキンケア方法

[更新]  /  [公開] 2015年2月4日

0突然できてしまった大人ニキビ、一刻も早く治したいですよね。
そこで気を付けたいのが毎日のスキンケアです。
今までと同じお手入れでいいのか、取り入れたい化粧品とはどんなものなのか。
基本的な方法をおさらいしつつこちらでご紹介しますので、ご自分に合ったケアを見付けてください。

STEP1 汚れを落とす

ニキビができてしまったら、皮脂やメイクがきれいに落とせていなかったかなと気になりますよね。
確かに余分な皮脂や汚れは落とさなければいけません。
しかし必要以上にうるおい成分を落としてしまうのも、かえって大人ニキビの原因になってしまいます。
清潔を心掛けているのにニキビができてしまうようなら、スキンケアの見直しも検討してみましょう。
1

クレンジング

メイクを落とすときは必ずクレンジング剤を使いましょう。
強過ぎるクレンジング剤は肌への負担となりますので、メイクの程度に合わせて使い分けることをお勧めします。
一般的に、拭き取りタイプやオイルのクレンジング剤は洗浄力が強いものが多いようです。

適したクレンジング剤を選んだら、続いてはケアの方法です。
クレンジングを行っている間は肌のうるおい成分はどんどん溶け出していきます。
1分以内を目安に、手早く終わらせることが大切です。
クレンジングは肌の比較的丈夫な部分から順に行いましょう。
まず額や鼻といったTゾーンにクレンジング剤をなじませます。
ほおなどのUゾーン、目元や口元などのデリケートな部分と続けます。
この時マッサージをするようについ力が入ってしまいがちですが、肌への刺激を避けるため優しくなじませましょう。
洗い流すときもゴシゴシこすらず、ぬるま湯を数回顔にかけるだけに止めてください。

洗顔

肌のうるおいは必要ですが、皮脂は朝晩しっかり取り除きましょう。
皮脂が長時間肌に残っていると酸化が進み、シミやしわの原因となります。
朝はお湯で洗顔するという方もいらっしゃるでしょうが、皮脂は洗顔料を使わなければ落とせません。
洗顔料は、肌をトラブルから守るため添加物の少ないものを選びましょう。
クリームや泡など色々なタイプの洗顔料がありますが、洗顔せっけんがお勧めです。
ニキビができている方や出来やすい方は、週に1度酵素洗顔を取り入れましょう。
余分な角質を取り除けるので、ニキビの予防や症状改善に役立ちます。

洗顔は、洗顔料をしっかり泡立てることがポイントです。たくさんの泡で優しく洗いましょう。
クレンジングと同じで、TゾーンからUゾーン、目元口元へと洗っていきます。
そしてぬるま湯で洗い流します。この時Tゾーンがべたつくようなら2度洗いも良いでしょう。
せっけんを使う場合はつっぱり感がありますが、きれいに洗えている証拠です。
洗顔後に保湿をするので気にする必要はありません。

STEP2 保湿する

洗顔後のうるおい不足の肌にはしっかり保湿成分を補いましょう。
効果的なケアの仕方、ケア用品の選び方を挙げていきます。

2

化粧水

洗顔後、真っ先につけるのが化粧水ですね。
化粧水の大半は水分ですので、ヒアルロン酸やコラーゲンなど水溶性の美肌成分が含まれています。
ただ、その含有量は他のケア用品と比べるとごく少量であると言えます。
シンプルなケアがお好みなら、化粧水はつけなくても良いでしょう。
ただニキビが気になるときは、ビタミンC誘導体などを配合した抗酸化力のある化粧水を取り入れてみてください。
ニキビの炎症を進ませる活性酸素を除去しやすくなります。

化粧水をつける場合は、手のひらに取り頬を両手で包むようにして肌にのせます。
手に残ったら顔の他の部分にのせます。
この時、すりこんだりコットンでパッティングすると肌を傷める原因になりますので避けてください。

美容液

美容成分の濃度が高く、効果が強い美容液。保湿で一番重要なアイテムと言えるでしょう。
配合されている成分や濃度は様々です。
一週間ほど使ってみると、その美容液の自分の肌への効果が判断できます。
ニキビ肌には抵抗があるかもしれませんが、美容液は少しべたっとするくらいに多めに使いましょう。
肌が乾燥すると角質が厚くなるので、ニキビができやすくなったり症状が進んでしまいます。

美容液は両手で包むように頬から塗ります。
次に目元と口元を、薬指を使ってやさしくなじませます。
額や鼻といったTゾーンは、乾燥が気になる人だけ最後に塗っていきましょう。

乳液

5
「化粧水でうるおいを与え、油分でふたをする」という考えから化粧水と乳液をセットで使っている方は多いでしょう。
しかし実際にうるおいを肌に繋ぎとめるのは、実は油分ではなく水分と結合する保湿物質です。
そのため最近は、乳液に代わって美容液が使われるようになりつつあります。
特に30代までは、肌の水分は減りますが皮脂の分泌量は充分あります。
乳液を使う場合は油分の少なめな、セラミドなどの保湿成分配合のものがよいでしょう。

クリーム

クリームは、油分を与えるためのものです。
使用する時は、皮脂腺の少ない目元や口元になじませます。
必要以上に油分が広がらないよう、他の部位への使用はやめましょう。

終わりに

大人ニキビを治すためのスキンケア、いかがでしたか?
自己流になりがちな普段のお手入れが、この機会に見直して、トラブルのない肌を目指しましょうね。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング