ノーメイク・薄化粧でもクレンジング剤は使うべき?

photo credit: Family portrait
photo credit: Family portrait

普段ほとんどメイクをしていない方にとって、クレンジングは必要なのでしょうか?
結論からお話しますと、肌質と状況によってクレンジングする必要がある場合とそうでない場合に分かれます。

また、クレンジング剤にはさまざまな種類がありますので、状況に応じたクレンジングや洗顔の方法についてご紹介して行くことにしましょう。

敏感肌でメイクを行えない

敏感肌でまったくなにもつけることができない状態なのであれば、クレンジング剤の使用は必要ありません。

むしろ、クレンジング剤を使用することによりお肌を傷めてしまう可能性がありますので、低刺激性の洗顔フォームまたは石鹸をよく泡立てて、お肌の表面に付着した汚れを取り除いておきましょう。

ノーメイク

クレンジングは本来メイクを落とすために行いますので、化粧をしていない場合は不要です。
しかし、スキンケア時に使用する乳液やクリームはお肌のパリ得機能の役割を果たしますので、多少なりとも油分を含んでいます。

さらに私たちのお肌はなにもしなくても皮脂を分泌させますので、ノーメイクでも一日の終わりに皮脂汚れを感じることも多々あるのではないでしょうか。
スキンケアでの油分や自然に分泌された皮脂は、通常の洗顔料だけで充分落とせますが、どうしても気になる場合は、低刺激性のクレンジング剤を使用しましょう。

パウダーのみ、チークのみの薄化粧

この場合には、肌への負担が少ないミルクまたはクリームタイプのクレンジング剤で落とすと良いでしょう。ミルクやクリームタイプのクレンジング剤は低刺激であると共に、洗浄能力も低いのですが、薄化粧の場合は十分です。

オイル、リキッド、ローションタイプの多くは洗浄能力が高く、お肌への摩擦が強くかかりますので、しっかりメイクをオフしたい場合を除いて使用は控えるのが賢明です。
どんなメイクの時でも同じクレンジングを使用している方が多いと思いますがメイクによって使い分けるのが理想。
せめて、洗浄力が高いタイプ、肌への刺激が低いタイプの2種類は揃えておきたいものです。

こんなときはどうする?

メイクを行っていない場合でも、日焼け止めをがっつり塗っているということがあるのではないかと思います。この場合にはクレンジングが必須となりますが、オイルタイプのクレンジング剤は必要ありませんので、リキッド、ローション、ミルク、クリームのいずれかのタイプのクレンジング剤でクレンジングを行いましょう。

洗顔は必ず必要

いかなる場合であっても、洗顔は必ず行う必要があります。
というのは、室内から一歩も外へ出なかったとしても、室内の目に見えないホコリがお肌に付着していることもありますし、分泌された皮脂をそのまま放置しておくと、お肌の表面に存在している常在菌の中の悪玉菌を増殖させてしまう恐れがあるからです。

今日はメイクをしていないから大丈夫、という考え方は間違っていますので、いかなる場合であっても、お休み前には必ず洗顔を行い、必要に応じてスキンケアを行って下さいね。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング