定期預金で少しでも得をするネットバンクでの預け方

いまどき定期預金では得をしない・・・・とは言っても、家にお金を置きっぱなしにしているよりは少しでも金利を得ることができます。
また、時期と預けるべき銀行を見極めれば、思いがけない収入につながることも。
定期預金で少しでも得ができる、ネットバンクを活用してみましょう。

ネットバンクを比較する

一時期のようなお得な金利はつかなくなったものの、ネットバンクの定期預金につく金利の方が高いことも多いでしょう。

利息は常に一定ではなく、時期によって変動します。
いつ、どの銀行が金利を引き上げるかは誰にも分かりません。

いくつかの銀行をピックアップし、比較しておくと良いでしょう。
または、金利や条件が良さそうな口座の開設だけをしておき、時期を見て定期預金を預け入れるのもおすすめです。

もちろん闇雲に口座を増やすようなことはせず、利便性や手数料などもしっかりと把握してから開設してください。お得なサービスを始めた銀行があれば、すぐにお金を動かしてしまえるくらいの身軽さが節約に繋がることもあります。

預け入れはボーナス時期を狙う

各銀行、夏と冬にはボーナス時期にはキャンペーンを行う所も多いです。
都市銀行、地方銀行などは粗品をプレゼントということも多いのですが、ネットバンクであると現金をプレゼントというケースも。

一度預けた定期預金は時期がくるまでお金を動かすことができません。
せっかく定期預金を始めるのなら、お得な時期に、お得な銀行で始めるのがいいでしょう。

ただしキャンペーンの詳細をよく確認してください。
金額や期間によってサービスの対象外になってしまうこともあるため、内容を理解してから預け入れるようにしましょう。

長く、多く預けすぎない

各銀行、いつ利息が上がるか分からないだけに、定期預金を始めた途端、他銀行の利息を知って損をした!なんてこともあります。

そのため、全ての貯金を一つの口座に長く預けてしまうのは危険です。お金を分散し、各銀行の動きを見計らって口座を移動させる方法を使いましょう。

定期預金は期間が長いほどに金利が高くなるため、予定のないお金を10年単位で預けてしまうこともあります。ですが、金利は変動しやすいもの。一部のお金を長く預けたとしても、他のお金は短期の定期預金で様子をみていくようにしましょう。

調査に手間のかかる方法ですが、動きをうまく把握できれば思わぬ収入になります。
ネットバンクで上手に定期預金を始めてみましょう。

[ 節約 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング