LED、充電式乾電池で節約するポイント

普段何気なく使っている電気。便利ではありますが、電気量の請求書を見るとため息が漏れてしまうこともありますよね。
この電気量を少しでも減らせれば節約になるはず。家の中を見直し、見落としがちな電気代を節約する方法を考えてみましょう。

冷蔵庫を大切に扱う

冷蔵庫は購入後、電源を入れたら食材を入れるだけの存在。
そんな冷蔵庫を大切にしてあげると、節電効果が生まれるようになります。
冷蔵庫の上に物を置いていませんか?物をどかしてあげるだけで冷却効果が高まるようになります。また、食材を整理することで風通しがよくなり、まんべんなく冷却することができます。

冷蔵庫の外と中を整理したら、温度設定を弱にしてみましょう。

強より弱の方が電気量を減らせますので、季節によって、冷蔵庫の中身によって温度をこまめに調節してあげるのも節約に繋がります。

電球はLEDに変える

LED電球はまだまだ高価なもの。値段を見るとためらってしまいますよね。
節約のために家全体の電球をLED電球にする必要はありません。
LED電球のメリットは、瞬時に明るくしてくれるということです。

部屋の明かりなど、常につけっぱなしにする蛍光灯より、スイッチの切り替えをマメにする箇所の電球をLEDにすると節電効果が表れます。

たとえばトイレや階段、玄関などの照明を取り換えるのがおすすめです。
LEDには虫を寄せ付けない効果もあるため、特に夏場はお家の害虫対策にもなります。

電球をこまめに取り換えるのは面倒なもの。その面倒な手間も時間も節約できるのですから、場所を選べばメリットは多いかもしれません。

乾電池が必要なものをチェック

普段は使わない乾電池は抜いておいた方が節約になります。
デジカメや懐中電灯の乾電池を入れっぱなしにしていませんか?
電源を切っていても乾電池から放電はされているため、いざ使おうとすると電池が切れていて使えないなんてこともあります。

また、充電式乾電池を使用するのもおすすめです。
初期費用はかかりますが、頻繁に電池を消耗する家庭なら、すぐに元がとれるようになるでしょう。

ゲーム機やパソコンのキーボード、電動歯ブラシなど、電池が切れたら困るものは常に乾電池のストックが気になり、買い溜めしてしまいがちになります。
家に乾電池が沢山あるという方は、充電式の切り替えを検討してみましょう。

今まで損して使っていた電気代を取り戻す方法をぜひ実践してみてください。
毎日かかる電気代も、少しの工夫で減らすことができます。

[ 節約 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング