夜食で食べるならおすすめの料理とダメな料理

暮れが近づくと、クリスマスやお正月の準備で町中が華やぎますね。ですが、受験生や受験生を抱えているご家庭ではそれどころではないでしょう。そして、受験勉強につきものなのが夜食ですが、夜食の種類に注意しないと太ってしまったり、翌日になって胃もたれを起こしてしまったりすることがあります。

今回は食べてもよい夜食と避けたほうがよい夜食をご紹介して行きますが、受験生に限らず、残業などで夜食が必要となる機会が多い方も、ぜひ参考にしてみて下さいね。

避けたいのはこの夜食

豚骨ラーメンなど、動物性油脂と糖質の多い夜食はカロリー過多になるだけではなく消化がよくありませんので、夜食としては避けて頂きたいメニューです。また、ピザやラザニアも油分が多くカロリーの高いメニューですので、肥満や胃もたれ防止のためには避けておきたいところです。

どうしても糖質を身体が欲するようであれば、ラーメンではなく素うどんに留めておきましょう。ただし、うどん1玉は、140gで約370キロカロリーですので、1玉以上食べてしまうとカロリー過多になる恐れがあります。うどんの食べ過ぎにはくれぐれも注意しましょうね。

また、肉類も夜食にはおススメすることができません。特にサイコロステーキなどは夜食として食べると胃もたれを起こす原因となりますので、気をつけて下さい。

食べるならこの夜食で!

一番のおススメは湯豆腐です。
豆腐そのもののカロリーは気にするレベルのものではありませんし、消化がよいため胃もたれが起こる心配もまずありません。

そして、雑炊もおススメです。
雑炊も糖質を含むメニューには違いありませんが、野菜をたっぷりと使用することによって糖質過多を避けることができ、消化がよいので胃もたれを起こす心配もありません。

また、野菜を煮つぶしたポトフもおススメですが、火が完全に通っていない人参やジャガイモは消化不良や胃もたれを起こす原因となりますので、必ずしっかりと火を通して下さい。

夜食は食べないに越したことはありませんが、どうしても夜中にお腹が空いてしまうのであれば、今回ご紹介した夜食を参考にしてみて下さいね。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング