節約とケチの境界線!人はどこからケチだと思うのか

節約ケチって紙一重。
自分の中では節約と思って頑張っている事も、人から見ると「ケチ」と思われドン引きされてしまっているかもしれません。

もちろん節約も大切ですが、人間関係が破綻してまでやるものではありませんね(汗)
節約とケチの境界線!みんなはどこからケチと思う?について。

ケチは嫌われ、節約は尊敬されるその違い知ってる?

【節約】むだを省いて、費用をきり詰めること。倹約。
【けち】金品を必要以上に惜しむこと。また、その人。

これが、ケチと節約の一般的な意味になります。
一見すると、節約もケチも似ているように思いますが、節約は無駄を省くことであり、ケチは出し渋ること。

節約という言葉を使いながら、出さなければいけないお金を出さない人は嫌われます。
逆に、楽しみながら無駄を省き、すっきりとしたライフスタイルをしていると、回りの人から尊敬のまなざしで見られるようになります。

あなたの節約、知らないうちにケチになっていませんか?

クーポンの使い方次第でケチ決定!?

友達とのお茶や、お食事で割り勘をする時、クーポンを使って出来るだけ安く済まそうとしている人を見かけます。

男の人は毎回お店でクーポンを使っていると「ケチくさい」と思われるようですが、女性どうしならむしろ使ってくれたほうがありがたいという声多数!確かに、1つクーポンを出せばみんなの分が少し安くなるというような場合、進んで出したほうがよさそう。

でも、自分だけのお会計が安くなる1人用のクーポンの場合、出してしまうと「自分ばっかり」「あの人すごいケチ」なんて噂が立ってしまうかも。

結婚式に出席しないとケチ決定!?

お友達の結婚式に出席すると、お金を包んで持っていかなくてはいけません。
それを避けるために「仕事が忙しい」「子供が」などと理由をつけて、まったく出席しない人もいるみたい。
1、2回ならそういうタイミングが合わない事も理由になりますが、全てをキャンセルしていると「ケチだから来ないのよ」と噂が回り、最悪友達をなくしてしまうことになってしまうかも。

割り勘とわかると態度が変るとケチ決定!?

今日は割り勘という事がわかると、ここぞとばかりに高い物を頼んだり、横柄な態度になったりする人っているんですよね。
割り勘だから、いつもは食べられない高級な料理も安く食べられると意気込んでいるのでしょうが、周りの人は冷たい視線を送っています。

居酒屋さんなどでも、割り勘とわかった瞬間、高いお酒を頼みだすなんて人も多いみたい。注意しないと「ケチ」以上に人間性を疑われてしまいます。


 

身に覚えが・・・なんて人もいるかもしれませんね。
節約とは、自分の楽しみながら出来る限りの無駄を省くこと。

楽しくないのに必死にしている節約は周りの人から見るととても窮屈に思え、それが「ケチ」という言葉であなたに返ってきてしまうのです。
周りの人に嫌な気持ちをさせない、節約を心がけていきましょう。

[ 節約 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング