一般家庭の食費は6万円前後!食費を見直して節約するコツ

最近、お肉も野菜も値上がりして本当に高くなってしまいましたね。
ご家庭の中には、「おかずが1品減った」「お肉を普段の7割程度に抑えて使っている」など我慢をしながら食事を作っている人もいるみたい。

でも、苦しい時だからこそ回りと差をつけることができるんです。
今回は、削るのはココしかない!食費の見直し術を皆さんに伝授します。

家族4人の一般的な食費は6万程度

家族4人の一般的な食費の平均は6万円程度、節約をしていくなら外食を含めても5万円以内に済ませられるとベスト!4万円以内に収められれば優等生と言えます。

子供の年齢にもよりますが、幼稚園のお子様がいる場合やご主人のお弁当を作らなければならない場合ココにプラス5000円というところで収めたいですね。まずは、自分の家の食費がいくらかかっているかを確認してみましょう。

6万円よりもオーバーしている場合は使いすぎだと考え、メニューを見直していく必要があります。

節約は冷蔵庫の掃除から

食費の節約にチャレンジしようと思ったらまずは冷蔵庫の掃除から始めましょう。
使えないのに「食べるかも」と取ってある食べ物が出るわ出るわ(笑)きっとびっくりするはずです。賞味期限が切れたドレッシングや、たれ類なども見逃さず処分しましょう。

冷蔵庫がすっきりすると買い物した食品が把握できるようになり無駄もなくなります。また、冷蔵庫がパンパンよりも隙間があると冷蔵庫の電気代も節約できるんですよ!冷蔵庫の掃除はできれば2週間に1度のサイクルで行いたいところです。

こうする事で賞味期限切れの食材をなくす事もできるので大幅な無駄カットにつながります。

お弁当の冷凍食品はどうしてものお助けに使う

お弁当を毎日作らなければならないのは主婦として本当に疲れますよね。だからといって、毎回冷凍食品に頼っていては食費がかさんででしまいます。

お弁当に入れるのは夕飯のおかずを取り分けて入れるか、おかずを多く作ってしまった時に小分けにして冷凍しておくのが良いですね!冷凍できる食品はまた別の機会に紹介するとして、おかずをお弁当用の紙容器に入れて冷凍してしまえばそのまま弁当箱にインするだけなので手間も省けます。

冷凍食品はおいしいですが値段も高いのでここぞという時か、どうしてもおかずがない時のお助け役に回しましょう。

メニューを組み立てて買い物に行く

食費を節約したいのなら、最初にメニューを考えて買い物に行くのが良い方法です。こうすれば使う物だけを的確に買うことができるので、無駄買いを防ぐことができるでしょう。

でも、メニューを組み立てる事に慣れていないと、食材がちらほら余って結局無駄になってしまうこともあります。本当は1週間単位でメニューを決めて買い物に行くのが良いのですが、なれないうちは3日に1回のサイクルでお買い物に出かけましょう。

1日、2日目のメニューを決め、残りそうな食材を紙にピックアップ。こうすることで3日目の食事がおのずと決まり、すべての食材を綺麗に使い切ることができるようになりますよ。

いかがでしたか?
主婦の皆さんは、食費を節約して自分のお小遣いにする人もいるはずです。
そうなると、どれだけ食費を削減できるかで自分の好きな物もたくさん買えるようになりますよね!

ココは1つ気合を入れて食費の節約に乗り出してみましょう。
きっとがんばればつきに1万円くらいの節約はできちゃうはずですから♪

[ 節約 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング