コストコは安いの!?高いの?コストコのデメリットを考える

photo credit: A crowded day at Costco
photo credit: A crowded day at Costco

昔は日本に数店舗しかなかったコストコですが、今は全国で20店舗にまで拡大し衰えを知りません。安いイメージのあるコストコですが、レジに並んでびっくりしたことありませんか?

1万、2万なんて当たり前、カードもアメックスじゃないと使えないというのもあって、「なんだか得なんだか損なんだか良くわからなくなってきた」そんな声もチラホラ。

今回は、あえてコストコのデメリットについて考えて行きたいと思います。

年会費4000円は高すぎる!

コストコは会員制ですよね!会員になるためには年間4000円でカードを作らなければなりません。この4000円。高くないですか?
1年に数回しか行かない人は4000円を払ってまでコストコで買い物する利点があるのかどうかを1度考えた方が良いかもしれません。

確かに、安くなっている商品も多くあります。でも、4000円以上安くならなければ意味がないんです。4000円以上お得に買い物ができるかどうかは、買う物次第ですし、一概にできる!できないは言い切れませんが、ほとんどできないと言ってもいいでしょう。

安そうで安くないコストコを考える

コストコは安い!そんなイメージで出かけると絶対に損をします。
コストコは大量に買うから安いんです。その証拠にお肉の値段を見てください。

確かに質は良いのですが、100グラムのお値段がスーパーの底値程度になっていることに気が付いている人もいるはずです。何キロという単位で売っているので、普通の家庭では中々使いきれない事もありますし、その前に冷凍庫に入りきらないではありませんか。

パーティーを開く予定があるならともかく、あんなにたくさんの量を買って安いという気分になっているだけで、家に持ち帰れば「どうしよう」となってしまうのが落ち。
お肉で言うならそこでグラム30円40円高くても、新鮮なうちに使えるものを買ったほうが結果的には無駄なく使え、得になることもあるんですよね。

コストコで絶対に買ってはいけない物

コストコで絶対に買ってはいけない物がいくつかあります。
それは、シャンプーやリンス、洗剤、石鹸、柔軟剤や芳香剤などです。

なぜなら理由は「飽きるから」。
お洗濯用の洗剤がずっと変わらないお宅ならともかく、柔軟剤なんて香りを色々試したくなりますよね!薬局に行けば新しい香りとか新発売で出ていると欲しくなってしまう人もいるはず。

そうなると大量にかったコストコの物が邪魔になってしまうこともあるんです。筆者は、激落ち君スプレーを箱買いし、1年経っても使い切れず困り果てたことがありました。

節約したいのならコストコの周りのスーパーに目を向けよう

もし、楽しみではなく節約のためにコストコに行こうとしているのなら、まずはコストコの近くにあるスーパーをチェックしてみてください。

筆者は、歩いて10分程度の所にコストコがありますが、周りのスーパー全て、コストコ対策として安売り商品を出していたり、お肉の値段も特売で販売されている事もよくありますよ!

まずは周りのスーパーをつぶし、最後に遊びに行く感覚でコストコで買い物をするという風にすると無駄遣いしないですむはずです。

友達と分け合えば結果的に安いのでは!?という考えはNG

良くお友達同士でコストコに行き、最後に割り切って安くお買い物を済ませれば節約になるという人もいます。でも、それはちょっと考え物なんですよ。

確かに、たくさんの人数で大量の商品を買い、割って使えば安くはなります。
でも、みんなそれぞれ欲しい物が違うじゃないですか・・・(汗)

私はティラミスだ!私はホテルブレットだ!やれソーセージだ、やれ牛乳だと、自分が本当に必要のないものまで結果的に買わされる羽目になり、損をしてしまうことも。お肉なども家に持ち帰りはかりで計って分けるという動作を行なっているうちに、鮮度も落ちますし、衛生的にもよくありませんよね。


今回は、視点を変えてコストコで買い物をするデメリットについてお話ししました。
みんなでパーべキューやパーティーなどの飲み会をする。
自分の親や親戚などが集まるなんて時には重宝するコストコの大量の商品も、普段使いのために買うと損をします。
勢いでかわずに、しっかりと商品を見極め「絶対に使い切れる」と思った商品だけ購入するのがコストコの買い物で勝利するコツなのではないでしょうか?

[ 節約 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング