秋は風邪を引きやすい!秋風邪のおもな症状とは!?

photo credit: Headache coming on
photo credit: Headache coming on

今年の夏はうだるような暑さが続き、ぐったりなんて人も多かったと思います。
でも、最近はすっかり秋めいて肌寒い日が続いています。

秋は、昼間と夜の温度差が激しいために、体力に自信がある人でも体調を崩しやすい時期なんです。夏は元気に過ごせていても、秋になると体調を崩してしまう症状、これを「秋風邪」と余分だとか。

今回は、秋に流行る秋風邪の症状についてみていきましょう。

秋風邪とはなんだろう!?

秋風邪とは、そのなの通り秋の風邪です。
春や夏、冬に引く風邪と同じ風邪なのですが、秋という季節だからこそ風邪を引きやすいそんな原因もあるのだとか。

○温度差が激しい

夏から秋にかけ天気が急変しますよね。
春から、夏も変わりやすいのですが、暑くなるほうに向けて変わるので風邪は秋よりもひきにくいと言われます。特に、今年の夏から秋にかけての天気は、残暑というものが無く、急に寒くなりましたよね。しかも雨が続いてじめじめした天気がずっと続いていました。

そういう気候の変化に体が付いていけず、自律神経が弱ると、不眠や食欲不振に陥り風邪を引きやすくなってしまうのだとか。

○夏の疲労が秋にでる

夏は花火大会やBBQなどイベントが盛りだくさんだった人も多いはず。
休暇に出かけても楽しいと疲れを忘れ遊んでしまったツケが秋に出てしまい風邪を引いてしまう人も多いようです。
夏に、汗をかきミネラルビタミンが失われやすい状況のまま秋を迎えると気温の変化についていけず具合が悪くなってしまうのですね!

○秋には喘息になりやすい

秋は昼と夜の気温さが激しいために、空気の循環や対流が悪くなって空気が汚れています。そのため、秋になる喘息になりやすいのだとか。
風邪をこじらせ喘息になるという人も多く、秋は喘息持ちの方からすると恐怖の季節なのかもしれません。

○秋にも花粉が

秋風邪とは少し離れますが、鼻水、目のかゆみなどのアレルギー症状が秋に出る人もいます。
秋にもブタクサや、ススキ、ヨモギなどの花粉が飛び、風邪に似た症状が出る人も。
目のかゆみが無いと「鼻かぜかも」と勘違いしやすく、飲む薬を間違うと症状が長引くことも。
しっかりと病院で適切な処方をしてもらったほうが良いでしょう。

秋風邪の具体的な症状は!?

秋風邪に起こりやすい具体的な風邪の症状は、吐き気、熱、咳やのどの痛みです。熱や咳などは風邪の一般的な症状ですが、秋は吐き気も伴うことが多いのだとか。免疫機能が落ちているとノロウイルスなどに感染したり、秋には食中毒も流行るので風邪と併発するという状況になってしまうこともあるそうです。

特に、秋の風邪は咳が長引く人が多いみたい。
先ほどもお話しましたが、空気が秋になると悪くなるので、咳が出やすくなり、のどの粘膜が傷つきそこから風邪の菌が進入しやすくもなってしまうと言います。

秋は体調を壊しやすく、風邪症状が出たりする人も多いですよね。
一年中元気でいるために、秋は季節の中で一番風邪を引かないように気をつけていかなければいけない時期なのかもしれません。

手洗い、うがいをよりいっそう強化し、水分をたくさんとって元気に秋を過ごしましょう。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング