乾燥対策はこれでバッチリ!ベビーオイル活用法

乾燥肌が気になる季節には、お風呂上がりの保湿ケアが欠かせません。浴室から出た私たちの身体からは、あっという間に水分が蒸発し、約5分後から徐々に乾燥がはじまります。

このようなときに役立つのが保湿ローションやキャリアオイルでのケアですが、浴室から出る前、浴室の中で行うことのできる保湿ケアもあります。

ベビーオイル保湿法

赤ちゃんの肌に使うことができるほど低刺激性な化粧品として知られている、ベビーオイル。実はこのベビーオイル、使い方次第でとても高い保湿効果を発揮してくれるんですよ。

使い方はとても簡単、浴室から出る前の濡れたお肌にベビーオイルを少量擦り込み、軽くタオルドライするだけ。ひどい乾燥肌の方であっても、翌日の正午あたりまで潤いが持続します。というのは、ベビーオイルは乾燥したお肌よりも濡れたままのお肌への浸透が高いという性質を持っているからです。

冬になると乾燥肌で粉吹き状態になってしまうという方も、ぜひベビーオイルを使ったケアを試してみて下さいね。

十分に身体を温めておきましょう

浴槽でゆっくりと身体を温めることにより、毛穴が開いて、よりベビーオイルが浸透しやすくなります。浴槽で身体を温めることは血行不良の改善につながり、冷え症にも大変効果があります。また、ゆっくりと身体を温めることによってリラックス効果も得ることができます。

特に寝付きが悪い方の場合では、心身の緊張が原因となっていることが少なくありませんので、ぜひ浴槽でゆっくりと身体を温めることを習慣にしてみて下さいね。

ベビーオイルは髪にもいい!

シャンプー後の抜けたままの毛先に少量のベビーオイルをつけ、その後にドライヤーで乾燥させてみて下さい。驚くほど髪がまとまり、パサつきを感じなくなりますよ。

ベビーオイルはドラッグストアなどですぐに手に入れることができますし、価格も安価です。この冬の乾燥対策に、今からベビーオイルを用意しておいてみてはいかがでしょうか。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング