寒い冬でも換気は大切!1時間に1回は空気の入れ替えを

暖房器具を長時間つけっぱなしにしておくと、なんとなくお部屋の空気全体が淀んだように感じることってありますよね?

このようなときには室内の空気の入れ替え、換気が必要となります。
では、長時間換気を行わないと、私たちの身体にはなにか悪影響を受けることがあるのでしょうか?

昔の家は木造が主流だった

現在でも木造建築のお宅はたくさんあり、そのような木造の建物の場合では資材そのものが呼吸を行っていると考えることができ、室内の空気が淀んでしまうことは少ないのだそうです。

ところが近年では、そのような木造検知器に変わって鉄筋コンクリートの建物が多くなっています。鉄筋コンクリートの建物のメリットは気密性が高く、サッシの間から隙間風やほこりが入ってくることが少ないという点にありますが、その一方で暖房器具から発生する二酸化炭素が室内にこもりやすく、室内の空気が汚染されていることが少なくありません。

また、ハウスダストなど、いち早く室外へ追い出してしまいたい物質も、長時間に渡って室内を浮遊することになります。さらに、風邪の菌やウイルスなどが室内の空気中に浮遊していることにより、同じ部屋の中にいた方がこれらに感染してしまうこともあります。

そして、暖房器具による室内の空気の乾燥も問題です。室内の空気が乾燥すると、私たちのお肌の水分が蒸発しやすくなり、そのため乾燥肌が起こりやすくなります。

上記のことを考え合わせ、換気がいかに必要なことであるのか、理解することができますね。

換気はどれくらいの間かで行うのがベスト?

室内の広さや室内で過ごす人数にもよりますが、およそ1時間に1回の換気を目安にするとよいでしょう。これにより、二酸化炭素やハウスダストが室外へ追い出される確率が上がり、また、湿度を含んだ新しい空気が室内に取り込まれますので、室内の空気の乾燥も緩和されます。

つまり、換気は乾燥肌予防にもなるということです。
また、暖房器具を使用する季節には、洗濯物を部屋干しにすることが多くなるのではないかと思いますが、こまめに換気を行うことにより、洗濯物からの雑菌の発生もある程度防ぐことができます。

寒いから窓を開けたくない。そう感じた場合であっても、1時間に1回の換気を行い、室外の新鮮な空気を室内に取り込むことを心がけましょうね。

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング