洗濯物の生乾きの臭いをとる方法!嫌な臭いの原因は身体にも悪影響

 

寒い時期には、洗濯物を部屋干しするという方が多くなるのではないかと思います。そこで問題となるのが、生乾き状態のあのイヤな臭いですね。

あのイヤな臭いの正体、それは雑菌です。
雑菌はまた、イヤな臭いを発生させるだけではなく、私たちの身体の内外に悪影響を及ぼすこともあります。

雑菌の悪影響について

最も恐ろしいのがアレルギーの発症でしょう。特に呼吸器系統が雑菌に反応した場合では、気管支炎ぜんそくなどの症状を引き起こす恐れがあります。また、雑菌がお肌に付着すると吹き出物などの原因となることもあります。

洗濯物の雑菌から身を守るには?

まず、洗濯槽を清潔にしておく必要があります。洗濯をこまめに行っても、洗濯槽の汚れにまではなかなか気が回りませんよね?

ですが、洗濯槽の内部に付着している雑菌をいつまでも放置しておくとやがて雑菌は増殖し、洗濯時に衣類に絡みつきます。つまり、雑菌が付着したままの衣類を身に着けることになるということですね。

まずは洗濯槽の掃除を行い、雑菌の増殖を防ぎましょう。また、ドラム式の洗濯機を使用した場合には選択終了後すぐにドアを閉めるのではなく、しばらく開け放って洗濯槽の内部を乾燥させることも大切です。

次に、洗濯物が生乾き状態のときの対策法についてご紹介しておきましょう。

干した直後は洗剤や柔軟剤の爽やかな香りがする洗濯物も、なかなか乾かない状態がしばらく続くと雑菌による臭いが発生します。それを防ぐためには、生乾き状態の洗濯物に除菌スプレーをしておくとよいでしょう。現在では衣類用の除菌スプレーなどが販売されていますので、それらの製品を利用してもよいでしょうし、アルコールスプレーもかなり強力な威力を発揮します。

臭いだけでなく雑菌の発生も防いでくれるアルコールスプレーの使用はかなりおススメですので、ぜひ試してみて下さいね。

扇風機を上手に利用してみましょう

洗濯物に扇風機の風を当てておくと、洗濯物の乾きが早くなります。

また、寒い時期に暖房器具を利用する際に扇風機を回しておくと、お部屋の中で暖気が循環しますので効率よくお部屋全体を暖めることができますよ。

除湿機を使ってみましょう

除湿機は、特に梅雨時に大活躍するアイテムですが、暖房器具を使用するほど気温が低くなっていない中途半端な季節にも大活躍してくれます。

洗濯物だけではなく、なんとなくお部屋の中がジメジメとした感じなのであれば、ぜひ、除湿機を使ってみて下さい。

もうひとつ、雑菌のお話です

普段寝具をしまってある押入れの中、きちんと除湿を行っていますか?

普段私たちが使用している寝具は、外部の湿気を吸い込んでいるばかりではなく、私たち自身の汗もしっかりと吸い込んでいて、これが雑菌の発生や増殖につながり、それが大好きなダニの温床になってしまうことも考えられます。

ダニもまたアレルギーを引き起こす原因となりますし、吹き出物などの肌荒れの原因となることもあります。

押入れの中にはいつも除湿剤を入れておき、押入れの内部のジメジメをできる限り取り払っておくことも大切です。

 

 

[ におい対策 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング