症状別の体臭を改善する漢方5選

体臭の改善をしたいと、食事療法や運動を取り入れても効果が出ない時、試してもらいたいのが、体臭予防の漢方です。漢方は即効性はないものの、体質を根本から改善してくれるのでその場限りじゃない体臭予防ができるのが利点。

でも、漢方に詳しくないと、どんなものを試したらよいかわかりませんよね。
今回は、体臭に効く漢方はコレだ!と題し大衆の症状別に効き目のありそうな漢方をご紹介していきます。

防已黄耆湯加牡蠣(ぼういおうぎとうかぼれい)

黄耆という生薬には利尿作用があり、体の中にたまった毒素を積極的に出してくれる効果があります。こちらの漢方は、汗に働きかけ汗を出にくくしてくれる働きも。
「わきが」「すそが」「多汗症」の方に効果が出やすいと言われています。

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)

こちらの漢方は、自律神経に働きかけ手のひらの汗や、足の裏のあせを軽減するhたら気があります。
ストレスも体臭の大きな原因の1つ。
心を穏やかにしてくれる漢方なので、情緒不安定の方にはお勧めかも。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

こちらも利尿作用がある漢方で、水分を体に溜め込みやすく汗をかきやすい人にお勧め。
多汗症にも効果があるようで、汗っかきの人に進められる漢方としても有名ですね!

竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)

女性特有の下半身の匂いに効果があるといわれるこちらの漢方。おりもの臭や、生理の血液の匂いがキツイ・・なんて人にお勧めです。
泌尿器や、生殖器の問題を解決し、匂いを取り去ってくれる利点も。

五苓散(ごれいさん)

体の水分量を調節するのと同時に汗の量を調節。多汗症に効く漢方です。
むくみにも効果があり、ダイエットのお供として飲む人もいるみたい。
体臭とダイエットの両面からのアプローチが期待できる薬です。

いかがでしたか?
今回は、体臭に効く漢方を5つご紹介しました。

体臭が気になるときは、最初は内科に相談に行くのがベスト。
体の病気を調べてもらいそれでも改善しないときは皮膚科、婦人科へと回るのが良い方法です。
漢方は最初に出向いた内科で相談して、自分の体調にあったものを選んでもらうのが良いでしょう。

漢方にも合う合わないがあり、同じような効果のものでも効かなかったり、効きすぎたりすることもあるので体調をみながら続けてみましょう。

[ におい対策 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング