化粧水やお風呂に日本酒をプラス!美肌になる手作りスキンケア

 

飲んでもおいしい日本酒は、実は肌にとっても良い効果をもたらすという事実を知っていましたか?昔の日本女性は化粧水代わりに肌のお手入れに使用していましたし、日本酒を配合した化粧水が存在するくらいなじみのあるスキンケアなのです。

なぜ日本酒が肌にいいのか?その効果は?ぜひ日本酒の魅力を知っておいてください。

日本酒が肌にいい理由

日本酒が肌にいいと言われているのは、その中に含まれる麹の働きによるものです。

麹にはアミノ酸が豊富に含まれているため、高い保湿効果が期待できます。また、シミやシワの原因となるメラニン色素を抑制さえる抗酸化作用も強いため、アンチエイジング対策にも使える成分と言えるでしょう。

その証拠に酒蔵所で働く方の手肌は美しく、その効果に注目した化粧品メーカーと協力して化粧水を商品化しているところもあります。

適量に飲んでも美肌効果があると言われている日本酒は、肌に塗布しても嬉しい効果が得られる一石二鳥なお酒なのです。

日本酒化粧水は手作りもおすすめ

日本酒化粧水を自分で作ってみるのもおすすめです。

日本酒と精製水を1:1の割合で混ぜるだけ。これを普段お使いの化粧水と同じように使用するだけです。

手作り化粧水のメリットは余分な成分が入らないこと。既に商品化された製品にはお肌に良い成分が沢山配合されている代わりに、自分の肌には合わない成分が含まれているこることもあります。また、他成分の働きが強まり、日本酒の良さを感じられないものもあります。

ただし、手作り化粧水にも劣化しやすいというデメリットがあります。
少量ずつ作り、保管方法に注意するようにしましょう。

究極の日本酒スキンケア

日本酒のスキンケア効果を最大に活かす方法、それはお風呂に日本酒を入れることです。

体中の肌が美しくなるのはもちろん、日本酒にはポカポカ効果があるため、体があたたまりやすくなります。全身の血行がよくなり、冷えによるむくみやくすみを取り払い、健康的に透き通った肌質を作りやすくなるのです。

まずはお風呂にコップ1杯の日本酒を入れ、徐々に増やしていくようにしましょう。
においの気になる方は、お風呂上りにシャワーで軽く洗い流してください。

日本酒の働きを知れば、飲むのは苦手でもスキンケアとして試してみたくなる方も多いのではないでしょうか?少量飲めばお肌に良いという日本酒、ぜひスキンケアでもその効果を実感してみてください。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング