理想の肌はコントロールカラーで作れる!色とカバーの特徴

photo credit: blue eye make up 3
photo credit: blue eye make up 3

ファンデーションや下地は肌の色にあったものを選んでいるけれど、肌そのものの色を変えることはできないの?

そんな悩みに効くのがコントロールカラーです。
くすんだ肌、赤みの目立つ肌、透明感のない肌をチェンジしてくれる優秀なアイテム。

ですが、何色のコントロールカラーを使えばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか?コントロールカラーの選び方と、失敗しない使い方をご紹介します。

コントロールカラーとは?

コントロールカラーはベースメイクの下地のようなもの。顔全体に塗っても構いませんし、部分使いでも構いません。肌色を調整し、悩みによってはコンシーラーより広範囲にカバーできるものです。

商品自体の色は印象的ですが、肌にのせるとおもしろいほどなじむため違和感はありません。
初めて使用する時には躊躇してしまいますが、肌に少量ずつのせれば失敗せずにカバーできます。肌色の下地とは違い、肌そのものの色が変わって見える自然な仕上がりが特徴です。

色の錯覚を利用し、理想の肌へと近づけるアイテムだということを覚えておきましょう。

何色を使えばいい?

コントロールカラーの色は様々ですが、色によってカバーできる特徴が分かれます。

  • ニキビ跡や赤ら顔、小鼻の横の赤みが気になる場合はグリーン。
  • くすみやシミ、目の下のクマなどが気になる場合はイエロー。
  • 血色を出したい方はピンクやパープル、冴えた色白感を出したい方はブルーをのせてみましょう。
自分の肌悩みを特定し、色を決める目安にしてみてください。悩みに特化したコントロールカラーは、同時に数色使うこともできます。

例えば目の下にはイエロー、小鼻の横にはグリーンというように、部分使いできるのが利点です。

コントロールカラーの上手な使い方

  • コントロールカラーは気になる部分に色をのせ、ぼかすようにして指でのばしてたたいていきます。色と肌の境目がキレイになじむように広げていきましょう。
  • 少量ずつのせて、のせすぎたらスポンジで軽くオフします。
赤みを消すグリーンは色が強いため、顔全体にはのせない方がいいでしょう。他の色でも顔から浮いてしまう時は、普段お使いの下地と混ぜて使用すると肌になじみやすくなります。

理想の肌を思い描くなら、コントロールカラーの存在は無視できません。下地やファンデーションではできない調整をしてくれる隠れアイテムです。

上手に活用し、肌そのものが変わったかのようなメイクを楽しんでみましょう。

[ メイク ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング