目を大きく顔を立体的に!ハイライトを使って一段上のメイクを

photo credit: Evelyn
photo credit: Evelyn

ファンデーションにアイシャドウやチークなどのメイク道具を持っていても、ハイライトカラーを持っていないなんて人もいるでしょう。メイク上級者でないと購入しないアイテム、普段のメイクにはそれほど必要ないと思っていませんか?

ハイライトは顔の印象を明るくし、目を大きく見せることだってできるんです。
簡単なのにお得な効果がいっぱいのハイライトを使いこなし、メイク効果をアップさせてみましょう。

ハイライトで顔が立体的になる

ファンデーションを塗ると肌のキメは整うものの、どうしてものっぺりとした平面的な顔立ちになってしまいます。顔には大小の凹凸が存在し、その凹凸をメリハリよく見せることによって美しさを表現します。

そんな凹凸感を簡単に作ることができるのがハイライトです。特に日本人の顔はのっぺりとしがち。高さを際立たせることでメリハリのある顔立ちを作る必要があります。額、鼻筋、頬骨の頂点にハイライトをサッと一塗りしてみましょう。

顔に立体感が生まれ、活き活きとした表情になります。
自分からは確認しにくい斜めや横顔にも凹凸が強調され、顔立ちがグッと洗練されてみえるようになります。

光の効果で肌が明るくなる

ハイライトにはその名のとおり、肌を明るく見せる効果があります。
ただし、顔全体に入れるのはもちろん、広範囲に入れると効果が薄れるので注意してください。

鼻筋には入れても鼻先には入れないこと、頬骨は一番高い位置にほんの少しだけ、顎は顎先にブラシを一撫でするだけで充分です。メイク時に自分の目では確認できない程度の濃さで充分です。

屋内のライトや日の光に当たれば光を集め、自然に肌を明るく見せてくれます。
クリームタイプだとシャープな顔立ちを表現できますが、初心者はまずはパウダータイプで試してみてください。

目元に使うと印象的な目になる

ブラシをアイシャドウ用のブラシに持ち替え、ハイライトを目頭にくの字に入れてみましょう。

または涙袋にサッとブラシを走らせるのも効果的です。ハイライトによって白目がより輝きを放ち、目が大きく見えるようになります。

白のアイライナーのような不自然さがなく、ナチュラルに印象的な目元を作ることができる技です。

ほんのひと手間でもメイク効果を倍増させるハイライト。日の当たる明るい部屋でメイクをし、その効果を確認してみてください。簡単かつ顔の印象が変わるため、かかせないアイテムになるかもしれません。

[ メイク ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング