節約の基本はお金の流れを把握することから!家計簿のススメ

節約の基本・・・それは自分の周りのお金の流れを明確に把握することです。
例えば、「ひと月にどれだけの収入があるのか」「毎月の出費はいくらか」などがきちんと把握できていないと節約はとても困難になります。

そこで、お金の流れを明確にするために欠かせないのが“家計簿”です。
家計簿はその名の通り収入や支出などを続けて記録することで家計を管理するためのもの。

きちんと家計簿をつけていると、無駄遣いや節約のポイントがはっきりと数字で表れるのでスムーズに節約することができますし、節約できている実感がしっかりと感じられるのでモチベーションのアップにもつながります。

しかし、実際は毎日家計簿をつけながら家計管理をするのって結構めんどくさそうですよね。
ここではそんな家計簿初心者さんの家計簿の選びについてお話ししたいと思います。

自分にあった家計簿を見つけよう

昔は家計簿というと、専用のノートに手書きで購入品や購入金額を記入していくものが一般的でした。しかし、パソコンやスマートフォンの普及によってデジタルで管理ができる家計簿ソフトやスマートフォンアプリなどが増えています。

手書き、デジタルどちらにもメリットがあってデメリットがあるため選び方に失敗すると続かなかったり飽きてしまう可能性も・・・。

そこで、まずは自分が一番続けやすい方法を探すことが大切です。

手書き家計簿のメリット・デメリット

手書き家計簿のメリットは、自分が一番わかりやすく管理しやすい方法で家計簿をつけることができる点です。決められた型にはまらず好きなように記入できるので、カラーペンによる色分けやちょっとしたメモを加えたりすることでオリジナリティのある家計簿を作ることができます。

またPCソフトやアプリのように予期せぬトラブルによってデータが消えてしまう心配が少なく、自分で書き込み計算することで日々の細やかなお金の動きを実感しやすくなります。

デメリットは、やはり人によっては手書きで記入することがめんどくさくなってしまったり、計算ミスなどの確立が上がることです。それに、何か月分ものデータを比較するには少し時間がかかってしまいます。

デジタル家計簿のメリットデメリット

デジタルにおける一番のメリットは、自動計算機能で計算の手間を省きやすく月単位の比較や年単位の平均出費などあらゆるデータが簡単に引き出せることです。

スマホのカメラによってレシートを撮影することで家計簿入力ができるアプリなども人気があり、どこでも素早く記録できるためレシートをもらったらすぐに撮影して記録する癖をつけることで飽きっぽい人でも継続しやすくなります。

しかし、デジタルはパソコンだと立ち上げに時間がかかったり定期的にバックアップを取っておかなければ何かのトラブルでデータがすべて消えてしまったりリセットされてしまう可能性があります。またソフトやアプリによってある程度のフォーマットが決まっているので人によっては使いにくかったり使いこなすのに時間がかかることもあります。

このように家計簿と言ってもいろいろ。
自分の生活や生活に合わせて使いやすく続けやすい家計簿を見つけましょう。

[ 節約 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング