体臭対策のつもりが間違っているかも?NGな香り対策法

photo credit: Just wake up!
photo credit: Just wake up!

アロマやフルーツ、石鹸や香水の香りなどを身にまとい、体臭対策を積極的に行う人もいるでしょう。ですが、香りをまとうだけでは体臭対策にはなりません。良い香りを取り入れるつもりが逆効果になっていることも。

良かれと思い取り入れていた対策法、嫌な臭いを発する原因になっているかもしれません。

汗をかいた後の制汗剤

CMなどのイメージから誤解する人も多いのですが、汗をかいた後に制汗剤を塗布しても臭いは消せません。

汗には雑菌が混ざっているため、雑菌を取り去ってからつけないと細菌が繁殖し、より臭いを発するようになります。汗と制汗剤は混ぜないように使用してください。

つけた直後は良い香りに感じますが、時間が絶つほど汗と混ざり合い、異臭を放つようになります。また、過剰に重ね付けをしたり、複数の制汗剤を一度に使用するのはNGです。
皮膚上に必要な常在菌までも死滅させてしまい、より雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

強めの香水

体臭をごまかすために強い香水を使用するのは最も危険な行為です。
香水はTPOを選ぶため、常に身にまとうことはできません。

また、体臭が強い人の臭いと香水が混じり合えば、相乗効果となって異臭になってしまうことも。

香水で体臭を消すことは可能ではありますが、かなり強い香りをまとう必要があるため、つける場を限定してしまいます。周囲を気にせずに強い香水を愛用するようになれば鼻が慣れてしまい、臭いに気づけなくなってしまうこともあります。

体臭を気にせず香りを楽しむには?

制汗剤はおしぼりやお湯で濡らしたタオルで汗を拭きとってから塗布しましょう。
できれば汗をかく前につけると効果がありますので、シャワーを浴びた後や、夜の入浴後に使用してください。

就寝中は多くの汗をかくため、制汗剤をつけてから寝るのがおすすめです。
翌朝、嫌な臭いをおさえてくれるため、清潔な肌を保ったまま支度を始めることができます。

体臭を強めてしまう可能性のある香水ですが、時には香水を楽しみたい時もあるでしょう。
体臭が気になる方は、汗をかく場所に香水をつけなければ大丈夫です。
例えば髪の毛や手首、足首。このような場所は皮脂も分泌されないため、香水だけの香りを純粋に楽しめます。

もちろん食事や入浴時のケアなどに気をつけ、体臭対策を行ったうえで楽しんでください。体臭対策で体臭をより強めてしまうこともありますので、充分に注意してください。体臭を抑えながらも正しい方法で香りを楽しんでみましょう。

男性に聞いた!女性の匂いで引いた瞬間ベスト5

[ におい対策 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング