便秘が体臭に影響する理由と解消法について

photo credit: Human skin
photo credit: Human skin

多くの女性が悩みを抱えている便秘。

みんなが便秘に悩んでいるのなら珍しくはないことと、便秘であることを問題視していない方もいるでしょう。ですが、そんな便秘のせいで体臭にも影響が出ているとしたら?
便秘と体臭の関連性をみてみましょう。

便秘が体臭に影響する理由

便秘が続くと腸内に便が溜まり続けていきます。

腸内の便はそのまま腐敗してしまい、発酵すると有害物質として臭気が発生してしまいます。
皮膚から皮脂や汗に交じって有害物質は排出されますが、腐敗した臭気も一緒に排出されてしまいます。

もちろん体内から体臭を発生させるのですから口臭にも影響します。
臭いの質が異なるため、体を清潔にしていても、歯磨きをキチンとしていても臭いを止めることはできません。便秘は異臭となり、周囲に不快な思いをさせているのかもしれません。

体臭よりも便秘に注目する理由

自分の体臭には鼻が慣れてしまい、気づきにくいものです。
鼻が慣れてしまった家族などの近しい人に確認してもらうのも難しいでしょう。

また、人は汗をかいた時には強く臭いを発生させてしまうもの。汗は暑さを感じた時にだけかくとは限りません。緊張した時にも汗は発生します。そんな時に密室で他人と一緒だったら・・・?今後の関係性が変わってしまうかもしれませんよね。

そんな事態に備えて、早めにケアをしておいた方が安心でしょう。

便秘を解消させるには?

便秘による体臭を解消させるには、便秘を解消させるしかありません。
腸が健康に整い、便が腐敗しないうちに排出されれば、臭いの元となる有害物質は発生しません。まずは有害物質を排出させる食物繊維を取り入れるようにしましょう。

食物繊維は水溶性の食物繊維と不溶性食物繊維のバランスが1:2になるように取り入れるのが理想です。海藻やきのこ類、りんごやバナナが水溶性、豆や穀物などが不溶性食物繊維になります。

同時に腸内環境を整える、善玉菌を増やすようにしましょう。
善玉菌の好物は発酵食品です。ヨーグルトや納豆、漬物などを取り入れると効果的です。

腸内で便がどのように変化しているのかは自分では意識できないもの。
体内で腐敗が進むという恐ろしい事実を受け止め、たかが便秘と思わずに真剣に解消法を取り入れるようにしてみてください。

腸という見えない場所だからこそ丁寧にケアし、環境を整える必要があります。
香水や制汗剤、ボディソープや入浴剤にこだわるよりも、まずは便秘を解消させましょう。

便秘は健康・美容の敵!青汁で腸内環境向上を図ろう

[ におい対策 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング