”体臭の原因”となる食べ物 – ”体臭を減らす”食べ物

体臭の原因は様々ですが、その一つに食べ物があります。
排泄物が食べたものによって色や臭いが変わるのと同様、体臭も皮膚から排出する汗や皮脂によって生まれるものですから、食べたものに影響されます。
では、体臭の原因となる食べ物にはどんなものがあるのでしょうか?

体臭に影響しやすい食べ物

体臭がきつくなる食べ物は、やはり食べ物自体の香りも強いです。

例えば口臭にも影響するネギやにんにく。香辛料を使用した料理は体臭を強めてしまいます。特ににんにくと香辛料を使用したカレーを頻繁に食べる人は注意が必要です。

また、赤身の肉や乳製品などのカロリーの高い食事も、皮脂の分泌量を増やしてしまいます。食事の欧米化や多様化によるコレステロール値を高める食事は体臭を強めます。食事は和食中心でも、スナック菓子などを好む人も体臭が強い傾向にあります。

アルコールが体臭になりやすい理由

アルコールを毎日、大量に摂取する方も体臭が強まってしまいます。

体内でアルコールが分解される際には臭いを発し、その臭いが体臭となって表れます。

アルコールには活性酸素が含まれているため皮脂の量を多くし、同時に酸化させてしまう恐れがあります。つまり、大量の臭いの強い皮脂を分泌しやすくなってしまうということ。口臭を強めてしまうほどのアルコールは、体臭にも大きな影響を与えます。

体臭を作り出さない食材の選び方

体臭を強める食材もあれば、逆に体臭を弱めてくれる食材もあります。

例えば玄米。タンパク質が豊富なため老廃物を排出しやすく、臭いを弱めてくれる効果があります。他には果物や生野菜は臭いも少なく、安心して食べることができます。抗酸化作用のある柑橘類やポリフェノールを含むリンゴなどがおすすめです。

肉ならば、ヘルシーであっさりとした味が印象的な鶏肉が適しています。臭いを強める赤身の肉とは異なり、体臭を抑えてくれます。

便秘の方はデトックス効果のある食材を取り入れてみてください。
便秘がひどくなると腸から血液中に臭いを伴ったガスが流れ出し、汗となって体外に排出されるようになります。ヨーグルトや発酵食品などを取り入れ、積極的に便秘体質を改善させましょう。

体臭の原因が体内にあるとしたら、いくら清潔にしても意味がありません。汗や皮脂が臭ってしまうのは、外側からはごまかしようのないことです。食生活が偏りがちな方は、ぜひ見直してみましょう。

汗が臭くなる食べ物を知って体臭を軽減しよう!

[ におい対策 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング