ダイエットにおすすめの鍋料理と注意したい鍋料理

[更新]  /  [公開] 2015年10月15日

冬はダイエットに最適な季節です。こう聞くと、あなたは驚きますか?

夏の暑さが過ぎると心地よい秋風が吹き、実りの秋が訪れますからね。そこでなにも考えずに好きなものだけを食べ過ぎてしまえば太る可能性が高くなりますが、それはどの季節であっても同じ。

ですが、急激に外気温が低くなる秋以降には、私たちの代謝機能は高まり、ダイエットを行うには最適の季節の到来となるんですよ!その中で、ぜひ上手に活用して頂きたいのが鍋料理です。

ダイエットにはこの鍋!

一番のおススメは鶏の水炊きです。

鶏の水炊きに合う野菜は、大根白菜、水菜などカロリーの低いものばかりですし、そこへキノコ、豆腐、シラタキなどを加えれば、低カロリーかつ栄養バランスも整いますので、栄養不足に陥ることなく、ダイエットを行うことができますね。

注意したいのはこの鍋

寄せ鍋は栄養バランスが整っていて栄養満点、美容と健康のためにぜひ食べたい種類の鍋ではありますが、味付けの調味料を使い過ぎてしまうと一気にカロリーが跳ね上がってしまいますので気を付けてださいね。

また、寄せ鍋の場合では魚介類や肉、さまざまな野菜からたっぷりと味がしみ出していますので、わざわざ濃い味付けにしなくても、十分に美味しく食べることができます。

また、どんなに調味料を抑えたとしても、寄せ鍋の場合ではスープのカロリーが少々高くなっています。美味しいスープをたくさん飲みたい気持ちはわかりますが、ダイエットを意識するのであれば、できるだけカロリーを抑えた食べ方を心がける必要があります。

鍋の〆はコンニャク米で!

鍋の〆を雑炊で仕上げるという方は多いことでしょう。具材からしみ出たスープで作る雑炊は格別に美味しいですよね。ですが、ここで油断して雑炊を食べ過ぎてしまうと、ダイエットにならないほどのカロリーを摂取してしまうことになります。

でも、やっぱり雑炊は食べておきたい。
そのような場合には、白米をコンニャクに置き換えてみて下さい。これであれば、カロリーに対して神経質になることなく、雑炊を楽しむことができますね。また、うどんをコンニャク麺に置き換えてもいいでしょう。

美味しい鍋は最後まで楽しみたいもの。それはダイエット中であっても変わりはないはずです。せっかく鍋をダイエットに活用するのですから、コンニャク米やコンニャク麺を上手に利用して、楽しみながらダイエットを成功へと導きましょう。

太らない居酒屋メニューの選び方と食べ方

[ ダイエット食品 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング