大麦若葉青汁はどんな効果がある?癖が無いから初心者でも飲みやすい!

[更新]  /  [公開] 2015年10月11日

大麦若葉は青汁飲料の原料としてはよく聞きますが、日常生活ではあまり見かけないですよね。

大麦というのはビールや麦茶、味噌や醤油の原料なので、日本人なら口にしている機会が多く、なじみのある食品です。

その大麦を成長段階の内に収穫したものが大麦若葉で、ビタミンやミネラルなど栄養素を多く含んでいます。

”青汁”と聞くと、苦いとか飲みにくいというイメージを持つ方もいるようですが、大麦若葉の青汁はとにかく飲みやすいのが特長。

性別や年齢に関係なく野菜不足を補ったり、健康に気を付けたい方におすすめの青汁です。

大麦若葉に含まれる栄養素

大麦若葉には、ビタミンやミネラルなどがバランスよく豊富に含まれています。

βカロテンやビタミンB群、食物繊維、カリウムは特に多く含まれているので便秘やむくみ、肌荒れにも効果的。

大麦若葉に含まれるSOD酵素は、抗酸化作用や健康効果が高いので注目するべき成分です。

大麦若葉に含まれる主な栄養素】

  • SOD酵素
  • ギャバ(γ-アミノ酪酸)
  • β-カロテン
  • ビタミンE
  • ビタミンB群
  • 葉酸
  • ビタミンC
  • 食物繊維
  • ナトリウム
  • カリウム
  • カルシウム
  • 亜鉛

などなど

どの青汁にしようか迷ったら、まずは大麦若葉!

大麦若葉青汁は、代表的な青汁原料の中でも様々な栄養素をバランスよく豊富に含んでいる原料です。

ダイエット中や食生活の乱れによる野菜不足を解消する他、体に必要な基礎的な栄養は揃っているので健康や美容に幅広く役立てる事ができます。

抗酸化作用で生活習慣病予防!

大麦若葉青汁の特徴的な栄養素がSOD酵素。高い抗酸化作用があるのでアンチエイジングを意識したい世代は注目です。

人は呼吸のたびに酸素を体内に取り入れますが、酸素は生きる為に必要な反面、活性酸素となって体をサビつかせる(=老化させる)要因ともなります。

日々の呼吸だけでなく、ストレスや紫外線の影響などでも日常的に体内に増えていくやっかいなものです。

SOD酵素はこれらの活性酸素を取り除く抗酸化作用があるので、体の中から老化や病気を予防します。

特に、動脈硬化、高血圧、糖尿病などの食生活や生活習慣が原因となる疾患の予防にも役立てられますし、ガン細胞の増殖を抑制する働きもするのだそうです。

食物繊維が特に豊富、便秘解消できる!

青汁飲料はいずれも食物繊維を多く含んでいますが、大麦若葉は食物繊維が特に多い食品です。

そのため、大麦若葉を使った青汁は便秘解消効果が高いと言えるでしょう。

便秘を解消することで腸内環境が整うので、コレステロール値を改善したり、血行をよくするなど体に良い効果がたくさん期待できます。

お肌の調子も整える!

SOD酵素の抗酸化作用はシミやシワなど肌の老化を防いでくれます。

また、肌の調子を整えてくれる亜鉛、ビタミンB群・ビタミンCも豊富です。

食物繊維で便秘が解消されることによっても肌の調子が整うので、大麦若葉青汁は美肌効果が高いと言えるでしょう。


【おすすめ記事】
>> 飲み比べて選んだ!健康管理におすすめの青汁

[ 特集 - 青汁 ]

[ 青汁 ] 記事一覧

おすすめの青汁ランキング!効果・人気で簡単比較 - 青汁マルシェ

総合 - アクセスランキング