ケール青汁はどんな効果がある?苦さの中に隠されたスゴイ栄養!

[更新]  /  [公開] 2015年10月10日

ケールはキャベツの一種で、青汁の原料として定番の野菜です。ヨーロッパではサラダとしてもよく食べられています。

栄養バランスのよいスーパー野菜ですが、昔で言う“マズイ”青汁の味がケールですので、慣れないと苦みが強くて飲みにくく感じられます。

最近は商品によっては苦みを抑えて飲みやすいようにされているものも増えてきていますし、サプリメントタイプのものも出ています。

ケールの栄養価が気になるけれど味がダメ…という場合はサプリタイプを検討してみても良いでしょう。


おすすめのケール青汁サプリはこちら
>> 高品質野菜を凝縮!ステラの贅沢青汁

ケールに含まれる主な栄養素

ビタミンやミネラルなどさまざまな成分が含まれているので、野菜不足の解消という意味では充分な役割を果たしてくれるでしょう。

ケールの独特な苦みはスルフォラファン(イソチシアネートの一種)によるものですが、良薬は口に苦しとはよく言ったもので、これらの成分は抗菌作用が強く、健康維持に良いのだそう。

また、ケールには睡眠の質を上げるメラトニンが多く含まれているのにも注目しましょう。

ケールに含まれる主な栄養素

  • スルフォラファン
  • ルテイン
  • メラトニン
  • ギャバ(γ-アミノ酪酸)
  • βカロテン
  • ビタミンE
  • ビタミンB群
  • 葉酸
  • ビタミンC
  • 食物繊維
  • カリウム
  • カルシウム

などなど

お疲れモードをリセットして、健康に気をつかいたい人にはケール青汁!

ケールはその豊富な栄養価から生活習慣病の予防ができるなど健康効果も高いですが、特にガンの予防や治療の可能性がある点に注目が集まっています。

その他、安眠、眼病予防効果が知られているので、忙しい毎日に疲れている方や、若々しい体を維持したい方におすすめできます。

ガンを防ぐほどの健康効果!?

ケールに含まれる苦み成分のスルフォラファンは、抗酸化作用・解毒作用がある成分で、ガンの予防に効果があると言われています。

また、最近の研究では予防だけでなく治療でも効果を発揮する可能性があるとまで言われているんですね。

他にも、動脈硬化やコレステロール値の改善、高血圧など生活習慣病の予防にもなります。

安眠効果がある!

悩みやストレス、疲れすぎなど日常のちょっとしたきっかけで陥る睡眠障害。

そんななかなか寝付けないと言う症状にもケール青汁が効果的です。

ケールには睡眠をコントロールしてくれるメラトニンがたくさん含まれています。

寝る前にケール青汁を飲むことで寝つき・寝起きが良くなった、睡眠の質が上がったという話も多いようです。

睡眠は健康や美容に大変重要な要素なので、良質な睡眠をとるという視点から健康にアプローチしたい人にも良いですね。

目の健康に

ケールには“天然のサングラス”と呼ばれるルテインが含まれているので、白内障や緑内障など目に関する病気の予防に効果があります。

紫外線やパソコンやスマホから出るブルーライトも、目にとって有害な光線となりますので、ルテインを摂取することは目が疲れやすいという人にも良いです。

ちなみにルテインは抗酸化作用があるので、肌の老化を予防したり、肌の調子を整えるのにも役立ちます。


【おすすめ記事】
>> 健康効果で選ぶ青汁ランキング

[ 特集 - 青汁 ]

[ 青汁 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング