青汁ダイエット・おすすめの方法~食前青汁ダイエット~

[更新]  /  [公開] 2015年10月9日

青汁でダイエットする場合に、どのタイミングで飲むべきか悩んでしまうこともあるでしょう。

食事制限のしすぎによる偏った栄養バランスを解消するのが目的であれば、ダイエット中の青汁は基本的に好きなタイミングで飲んでOKです。

ただ、食前に飲むことでダイエットの効率をさらに上げることができると考えられます。ここでは、どうして食前に飲むことでダイエット効果が高まるかについて説明します!

食事の量を減らせる

当然ながら、食事をする前に水などで割った青汁を飲めば満腹感が得られるので、食欲を抑えてくれます。

結果、食べ過ぎを防ぐことになります。

いつもついついたくさん食べてしまう…という人は、青汁を飲んでお腹を少しでも満たしておくといいですね。

食前の食物繊維が脂肪の吸収を抑えてくれる

青汁には食物繊維がたくさん含まれていますが、この食物繊維を食事前にお腹に入れておくことでダイエット効果が期待できます。

食物繊維は糖質や脂質を包み込んで、消化・吸収せずに大腸に届けるという働きをします。

青汁を飲んでから食事をすれば、食べたものが体の中に吸収される量を減らすことができるのです。

血糖値の上昇がゆるやかになる

ダイエットする際は、急に血糖値を上昇させないようにする必要があります。

通常、食事をすると糖が血液の中に多く流れ、高血糖状態になります。

すると、インスリンをいうホルモンが分泌されて血糖値を下げようとして、余分な糖を脂肪細細胞に運び、脂肪が蓄積されます。

お腹が空いた状態でご飯やパン、お菓子など炭水化物を急にたくさん食べると、血糖値が急上昇してインスリンが大量に分泌されるので、脂肪が蓄積される量も多くなってしまうのです。

そのため、“食べる順ダイエット”と言う、野菜から先に食べるダイエット法は効果があると言われています。

それと同じように、青汁を食前に飲むことで血糖値の上昇が緩やかになりますから糖が脂肪に蓄積されにくくなるのです。


【糖が気になる方におすすめの青汁はこちら】
>> 食事の糖に働く!桑の葉たっぷりの青汁

ダイエット以外の目的の場合はいつ飲めばいい?

ダイエット中であれば青汁は食前がおすすめですが、青汁を飲む目的によってタイミングを変えるとより高い効果を得られます。

例えば、栄養補給したいときは朝起きてすぐが良いでしょう。寝ている間はかなりのエネルギーを使っているので、起きてすぐの体は栄養を吸収しやすい状態です。

便秘の解消や美容目的なら夜のタイミングもおすすめです。夜に飲むことで寝ている間の新陳代謝に必要となる栄養素を補給できますし、お通じもよくなります。

ケールの安眠効果がほしいときも夜寝る前がいいですね。ただ、食物繊維の働きで腸が動きすぎて眠れなくなるということもあるので、便秘解消目的の場合は寝る直前は避けた方が良いでしょう。

ダイエット中の青汁は食前がベスト!食事の前にコップ1杯の青汁を習慣にして、健康的なダイエットを成功させてくださいね。


【おすすめ記事】
>> 【実力で選ぶ!】青汁ダイエットランキング

[ 特集 - 青汁 ]

[ 青汁 ] 記事一覧

おすすめの青汁ランキング!効果・人気で簡単比較 - 青汁マルシェ

総合 - アクセスランキング