青汁が不味くて挫折!無理なく続けるにはどれを選べばいい?

[更新]  /  [公開] 2015年10月9日

美容や健康、ダイエットのために青汁を飲むなら、大切なのは飲み続けるということ。

でも、美味しくないと感じる青汁だったらなかなか続けるのは難しくなってしまいますよね。

飲みやすさで青汁を選ぶなら、大麦若葉がメインのものや、フルーティーなものや抹茶風味のものがおすすめ。

また、青汁には相性の良い飲み物もたくさんあるので、水以外のもので割って美味しく飲むこともできます。

大麦若葉の青汁が飲みやすい!

過去には「マズイ…もう1杯」がキャッチフレーズだった青汁ですが、今ではそんなことはありません。

各メーカーが工夫して、飲みやすい青汁がたくさん販売されています。

青汁の主原料で選ぶなら、一番飲みやすいのは大麦若葉青汁です。

元々は麦なのでなじみのある味わいで、苦みも少なくさっぱりとしています。

大麦若葉青汁はお子さまのいる家庭で選ばれることも多く、ほとんどの人がなんなく飲めると言えるでしょう。

フルーティーなタイプ、抹茶風味のものが飲みやすい!

青汁の味はメーカーや製品によってさまざまです、特に飲みやすいと言われているのはフルーティーなタイプや抹茶風味のもの。

フルーツを多く使ったものは、青汁の苦い感じがどうしてもイヤだという方におすすめです。

また、抹茶風味のものであれば口に合う人も多いですし、牛乳や豆乳で割ると更に飲みやすくなります。

青汁にひと手間プラスする!

それでも青汁の味がどうしても好きになれなかったり、あるいは毎日飲んでいる内に飽きてしまうこともあるかもしれませんね。

そんなときは青汁の飲み方を変えるのもいいでしょう、

いろんなドリンクと合わせれば飲み方のバリエーションが広がり、美味しく続けることができます。

はちみつ

青汁のクセ、苦みが気になる場合ははちみつを足して飲んでみましょう。はちみつの甘さが青汁独特の風味を和らげてくれます。

レモン、酢

青臭い感じがイヤという場合は、酸味をプラスするとさっぱりして飲みやすいです。

お酢やレモン、グレープフルーツ、オレンジなどの搾り汁と合わせて飲んでみてくださいね!

100%ジュース

酸味だけじゃなく甘さがあった方が飲みやすいという場合は、100%ジュースと混ぜて飲みましょう。

グレープフルーツ、オレンジ、りんごなど、たいていの100%ジュースと相性が良いです。

ジューサーやミキサーがあるなら、野菜や果物と一緒にミックスしてスムージーにして飲むのもおすすめです。

牛乳、豆乳

青汁飲料は牛乳や豆乳とも相性が良く、青汁の青臭さがなくなってとても飲みやすくなります。

抹茶ミルクのような感じです。きな粉や黒蜜を足せば、更にデザート感がアップして美味しく飲めるはず。

青汁を牛乳と一緒に飲めばタンパク質や炭水化物も一緒に取れて、カルシウムの吸収率が上がります。

豆乳なら大豆イソフラボンも摂取できるので女性にも嬉しい効果がたくさん期待できそうです!

美味しくないと思われがちな青汁では、今では美味しい青汁もたくさん登場しています。また、飲み方にバリエーションをつければ楽しんで青汁生活を続けることができます。

青汁飲料の中にはお試しで少量の販売をしているものも多くあるので、いろいろ試してみるのも良いでしょう。

せっかくなのでたくさん味見をして、お気に入りの青汁を探してみてくださいね!


【ダイエットするならこちらがおすすめ】
>> ダイエット力で選ぶ青汁ランキング

【健康管理ならこちらがおすすめ】
>> 健康力で選ぶ青汁ランキング

[ 特集 - 青汁 ]

[ 青汁 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング