怖い病気が隠されいている事も?冷え症の原因と体に与えるマイナス面

女性に多い冷え症。最近では冬に限らず、夏でも手や足の先が冷えている人がたくさんいます。

しかしそれほど深刻に受け止めていない人が、ほとんどでは?

たかが冷え性と思っていると、深刻なトラブルのもとになることも。そこで冷え性の原因を追究しました。すこしでも改善につなげたいですね。

体の中から冷えている

冷え症は、体温調節の機能に異常が出ているためにおきることです。もともと人間には、外の気温が変化しても、自分の体温は一定に保とうとする働きがあります。

血液の流れる量を変えたり、汗をかいたりして、外の気温と体温のバランスをとっているのです。

ところが冷え性は、外気で冷える以外に原因があります。特に手や足の先が冷たくなる人や、いったん冷えると温まりにくいと言う人は、慢性的に体が冷えています。

この場合へ冷えの外気でなく、体の中からきています。そのため多少体を動かしてくらいでは、指先の冷たさは改善されません。

冷えの原因は3つ

冷え性の原因は、大きく分けて3つあります。ひとつは自律神経の乱れ。

さらに皮膚感覚の乱れと筋肉量の低下です。この3つが複雑にからみ合って、冷え性を作り出します。

自律神経は、人間の呼吸やホルモンの分泌などをつかさどっています。

自律神経がストレスや不規則な生活によって正常に機能しなくなると、体温調整の指示が出なくなります。そのため体が冷えても体温が上がりにくく、冷え性になります。

皮膚感覚のみだれとは、「寒い」と感じる感覚が、鈍くなることです。

体に合わない服を着ることで、血行がとどこおり、皮膚が「今、寒いのか寒くないのか」を正しく感じとれなくなることがあります。

筋肉量の低下は、女性にありがちですね。筋肉が動くと発熱や血流量が上がります。

もともと女性は男性よりも筋肉が少ないので体温が上がりにくく、運動不足によってさらに筋力低下→冷えるという悪循環が起きるのです。

冷えの原因は複雑

冷え性の原因はひとつではありません。上の3つ以外にも、食事の量と内容が関係してきます。そしてストレスも大きな原因です。

冷えを改善する場合は、心身の両方からアプローチしていくことがとても大事なんですね。

しつこい「冷え」のインナーケアなら
女性におすすめの冷え症サプリ

冷え性だとこんなマイナス面が

体が冷えていると太りやすくなったり、肌荒れやくすみの原因になったりと、美容面でのマイナスが多いですよね。

しかしそれだけではありません。

冷え性はよくある症状ですが、その裏には深刻なトラブルが隠れていることもあり、体の不調をうったえるサインでもあります。

冷え性で悩んでいる人は、体のほかの部分でトラブルをかかえていることが多いのです。

たとえば、冷え+お腹の不調(下痢や便秘をしやすい)なら、消化器官そのものが冷えて働きがわるくなっているのです。

ほかにも、自律神経がみだれてめまいや不眠があったり、下半身の筋肉が衰えていたりしていることのサインかも。

こういったことは、小さなサイン=冷え性のうちに症状を改善すれば、大きな病気にはつながりにくいのです。

女性の場合は、低血圧・貧血が冷え性の原因かもしれません。とくに、手足が冷える末端冷え性の場合は、鉄欠乏性貧血を疑いましょう。

生理痛や生理不順、めまい、だるさがあるなら、鉄分を多く含んだ食品(小松菜、牛肉など)を積極的に食べると効果的です。

こんな病気のサインかも

冷え性が大きな病気の症状であることも。いつまでも改善しない冷え性は、膠原病や甲状腺機能低下症などの症状かもしれません。

また手足の動脈が詰まって血行障害を起こす、閉塞性動脈硬化症(ASO)によく見られる症状は、手足の冷えです。

この病気は運動不足やタバコを吸っている人によくおこりますので、冷え+喫煙+運度不足という場合は、循環器系の病院を受診されるといいでしょう。

ほかにも珍しい病気ですが、レイノー病やバージャー病、全身性エリテマトーデスなども手足の冷えがみられます。

予防が大事!冷えない工夫をしよう

人間は、本来恒温動物です。自分で体温を調節する機能があるはずですが、現代ではうまく機能が働かない人が増えています。

理由はストレスや食生活、筋力低下などたくさんあります。

まずは生活の見直しからはじめて、どうしても改善しない冷えは、病院へ相談しに行くといいでしょう。


冷えの予防・改善におすすめの運動とは?

[ 健康 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング