10月の誕生石オパール – 独創性と自由をくれる幸運のパワーストーン

[更新]  /  [公開] 2015年9月9日

photo credit: great grandmother's bracelet via photopin (license)
photo credit: great grandmother’s bracelet via photopin (license)

オパールの中でも「遊色効果(Play of Color)」のあるものは、幸運と奇跡の象徴とされてきました。

オパールといえば、石の中に虹のような光が宿り、見る角度によって変化する魅力を思い浮かべると思います。すべてのオパールに遊色効果が出るわけではなく、遊色効果の色彩もすべての色が出るわけではありません。

色彩効果のあるストーンを「プレシャスオパール」、色彩効果の無いものを「コモンオパール」という名称で呼び分けています。

オパールの概要

  • 1 / 4 [ソウル]
  • 0 / 4 [ボディ]
  • 0 / 4 [スキル]
  • 1 / 4 [マインド]
  • 3 / 4 [マネー]
オススメ度 4/10
メインカラー   乳白色ベースの虹色
パワー 幸福・魅力・幸運・富・名声
お手入れ 乾燥により遊色が失われます。色を長持ちさせるためにも、直射日光と乾燥にご注意ください。
浄化方法 クラスター・月光・水・音叉
ファミリー
ストーン
 

奇跡の宝石

オパールは「宝石」として扱われ、美しいものは高価です。
内部に虹のような光を包括しているのですから、存在自体が強い説得力を持っています。

幸運を引き寄せ、良い変化を起こしたり、想像力を刺激してクリエイティブにしてくれます。

輝きを所有することで、希望に満ち、自由になれることでしょう。

入手の際には現物確認を

喜びをくれるオパールですが、現実面の問題として光の効果の美しさに比例して価格も高価になります。壊れやすい石のため、それまでの取扱環境も気になるところです。

また、角度によって見え方が変化しますので、写真で実物をイメージするのは難しいでしょう。
入手の際には、現物のコンディションを確認することが重要です。

取り扱い注意ストーン

喜びに満ちたストーンですが、注意点は「取り扱い」です。

美しいものを美しいままに守ることは難しく、劣化していくことや失う悲しみがオパールの難点です。

遊色効果は石内部のわずかな水分による現象のため、乾燥によって失われていくのです。
原石を保管する際には水に浸したり、保湿しながら保管しますが、アクセサリー加工されていると付帯する金属が劣化するためそれも難しくなります。

また、オパールのアクセサリーの輝きが弱くなったので、業者に依頼したところ一回り小さく研磨されて戻ってきた!などというトラブルもあります。

美しさに触れるたびに、失われていく。
オパールの輝きがもつパワーは、有限なのです。

[ 特集 - パワーストーン ]

[ パワーストーン ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング