手汗、足汗、多汗症の原因と改善方法

photo credit: Worried bride via photopin (license)
photo credit: Worried bride via photopin (license)

手のひらや足の裏に汗を大量にかいてしまう「多汗症」。
人と握手をする時も、自分の手のひらの汗が気になってぎこちなくなってしまう・・そんな人も結構いるようです。

また、足の裏に大量の汗を掻いてしまうと、靴の中で蒸れて匂いを発生しやすくなり靴を脱ぐ場面でかなり緊張してしまうなんてことも。

この手汗、足汗って何とかならないものなのでしょうか?
今回は、今すぐ解決!手汗、足汗の原因と改善方法についてお話しします。

まずは、手汗、足汗の原因を追究しよう!

手汗、足汗の原因をしっかりと知っておく事で、解決策もおのずと見えてきます。
手汗、足汗の原因は大まかにみて4つです。

  • 自律神経の乱れに
  • 脂肪分の多い食事
  • 更年期
  • タバコ

それぞれを見ていくことにします。

自律神経の乱れによる発汗

交感神経と、副交感神経が上手に働かなくなると自律神経が乱れ、汗をかきやすくなります。

睡眠時間が一定じゃなかったり、食事の時間がマチマチだったりすると自律神経が乱れやすくなります。

規則正しい生活を心がけることで、多汗症改善に一歩近づきます。

脂肪分の多い食事による発汗

バランスの悪い食事を続けていると、汗をかきやすくなると言われています。
乳製品や、肉類を多く食べる人は手汗、足汗も出やすくなるのだとか。

豆腐などの植物性タンパク質を多めにとると、自律神経を整え汗を抑える効果があります。

栄養バランスを考えた食事をすることが手汗、足汗を押さえる近道になるかも。

更年期による発汗

特に女性は更年期になると、ホルモンのバランスが崩れ自律神経が乱れがちになります。

普段は手汗、足汗をあまり掻かなかったという人でも、更年期になりいきなり汗が噴出してきたなんて人も。

更年期は今、薬である程度軽減する事ができるのだとか。1人で悩まず病院で相談するのも1つの手かもしれません。

タバコによる発汗

タバコには中枢神経興奮剤が含まれ、この成分が交感神経を活発に働かせます。

交感神経は、休ませる時にはしっかりと休ませなければならないのに、タバコを吸うことで休まるものも休まらない状態に。

こうなると、体は危機感を覚え汗を掻いてSOSを出します。

タバコを沢山吸う人が、半分に吸う量を減らしただけで手汗や足汗が気にならなくなったという事例もありますので試す価値ありかも。


 

あなたに当てはまる原因は見つかったでしょうか?
もし、当てはまるもので改善できそうなものがあれば迷わずやってみるべし!

特に自室神経の乱れを整えることで発汗が弱まったとの報告が沢山あります。
生活リズムを整え、バランスの良い食事を心がけましょう。

この2点は美肌にもそしてダイエットにも繋がる基本的なもの。
美容と健康のためにも、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング