加齢?ストレス?白髪になるメカニズム – 白髪の原因6項目

photo credit:  via photopin (license)
photo credit: via photopin (license)

白髪の原因を徹底追求!白髪の原因6項目

どうして白髪って生えてきてしまうんでしょう。
若いときから白髪が生えてしまっている人も居ますし、年齢を重ねて白髪が増えてきたという人もいます。

しかしどちらにしても、白髪が増えると年をとった印象になりちょっと残念ですよね。
今回は、白髪が出来るメカニズムを見て行きながら、知識を深めていきましょう。
きっと、貴女の白髪を解決する糸口になるはずですよ♪

1・加齢によるもの

30代を過ぎた辺りから、老化により体の細胞の活性化が弱まります。
簡単に言えば代謝が悪くなり、元気がない髪の毛を奮い立たせる気力がなくなってしまうんですよね。

余談ですが、白髪の人はハゲないなんてウワサがありますが全くのでたらめ。

白髪が多い人でもツルツルになっちゃう人もいます。

2・ミネラル・アミノ酸・ビタミンが足りない

女性に多いのが、過激なダイエットで食事制限を行っていると、ミネラル、アミノ酸、ビタミンが不足してしまいます。

この3つの要素が重要でバランスよく体に保たれないと体の機能が低下し、同時にそれは髪の毛を健康に保つ機能も低下してしまうという事。

ダイエットをしてから髪の毛がパサパサしてきた・・なんて時は髪からのSOSサイン。
それを放っておくと白髪に繋がってしまうので、ダイエットの強度を落としたほうが良いでしょう。

3・運動不足

先ほど、ミネラル、アミノ酸、ビタミンが体に足りていないと白髪の原因になるとお伝えしました。

でも、しっかりバランスのとれた食事をしている人でも、運動不足などで体の血液の循環が悪くなると白髪になってしまう事もあります。

その理由は、折角とった栄養素が体にいきわたらないから。
毎日少しでも良いので体を動かし、血液の循環を良くして行くと同時に、頭皮のマッサージもおこない体の隅々までしっかりと栄養分が行き渡るような工夫も大切です。

4・ストレス

ストレスは白髪の原因の1つです。

強いストレスが長期間続くと、活性酸素が増え自然治癒力が落ち白髪が出来やすくなってしまうのです。ストレスは限界になるまで我慢するのではなく、少し溜まっているくらいの時に発散したほうがベスト。
自分の心の安定を図ることも髪の健康を守るには必要な事です。

5・ 病気から来るもの

マラリア、貧血、甲状腺疾患、円形脱毛症が治った直後など白髪が増えることがあります。

普通にぱらぱらと白髪が生えるのではなく、まとまって急に増えてしまった・・という場合には病気を疑ってみる事も必要です。
髪の毛は、体の不調をしるバロメーターにもなるのですね!

6・遺伝

若白髪って聞いた事ありますか?
そう!若い時から理由もなく白髪が多い人の事を言いますね。
実はその若い白髪・・遺伝だと言われることが多いですよね。

でも、白髪の遺伝についての研究はまだまだこれから・・という感じで、必ずしも遺伝が原因で白髪になってしまうという根拠はまだ見つかっていないのです。
白髪になりやすい体質という事はあるかもしれませんので、遺伝以外の項目の原因が自分に当てはまらないかをチェックしてみるのも大切です。


 

たかが白髪、されど白髪。
白髪になるメカニズムってこんなに沢山の要因があるんですね。

髪の毛も体の一部。栄養素が足りなくなると健康が保てなくなってしまうのは納得です。
しっかりとバランスの良い食事を心がけて、体の隅々まで綺麗になれるように努力していきましょう。

[ ヘアケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング