シンプルスキンケアにするならバーユ(馬油)がおすすめ

スキンケアにマンネリを感じた、肌トラブルが止まらないので簡素化したい、お金がない
・・・・など、シンプルスキンケアを始めるきっかけは様々ですが、アイテムを絞るのに困っていませんか?

スキンケアをラインナップでそろえ、メーカーの勧めるままにアレもコレもとスキンケア用品を増やしていた人も多いはず。

スキンケアをシンプル化する時、何を選ぶべきか迷ってしまうもの。
そんな人にバーユという、昔からある保湿オイルをご紹介します。

バーユとは?

バーユは漢字で「馬油」。馬の脂から生成されたオイルです。

野性的なイメージのあるオイルですが、意外にも臭みや粘つきといった不快な感触はありません。ベタつく質感はありますが、うすく伸ばして顔に塗布すれば、不思議と肌となじみます。

これはバーユの成分が人の肌の皮脂に近い成分であるためです。
そして皮膚の保湿に重要な成分であるセラミドが含まれているため、顔の乾燥には最適なオイルなのです。

また、肌の自然治癒力を高めることもできるため、肌トラブルを抑制する効果も期待できます。

バーユの使い方

バーユは保湿オイルでありながらも、その使い方を間違ってしまうと効果を発揮しません。

  • バーユは洗顔後に塗布し、その後化粧水を塗布しましょう。
  • 化粧水をつける前になじませるのがポイントです。

肌に浸透しやすく、保湿効果のあるバーユを直接肌に塗ることにより、肌と化粧水の水分をしっかりと結びつけてくれるのです。

その後、バーユをさらに重ねてもいいですし、美容液や乳液を重ねても構いません。
肌の状態をみながらシンプルに済ますか、ミルフィーユのように重ねるかを判断しましょう。

バーユにはまつ毛を育毛するパワーもある!?

バーユを愛用している方の多くから、「まつ毛が伸びた」との証言があります。

バーユには皮膚の代謝を高める力があるため、メイクやクレンジングで弱ったまつ毛をケアし、正常な状態へと戻してくれるのです。

まつ毛が伸びた、増えたと感じるのはそのためでしょう。
バーユを顔に塗布すれば自然とまつ毛にも成分が浸透するため、わざわざまつ毛ケアをする必要がなくなるかもしれません。

昔からあるだけに注目されにくいバーユですが、その効能を知れば手放せなくなる人も。

シンプルだけど効果の高いバーユ、試してみる価値はありそうです。
顔だけでなく、手や体の保湿にも使えるため、一つあると便利かもしれません。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング