お金をかけずに日々のヘアケアをする

photo credit: new haircut via photopin (license)
photo credit: new haircut via photopin (license)

毎日のシャンプーや髪のドライ、ダメージを防ぐトリートメントなど、ヘアケアには費用がかさみがち。
そんなヘアケアを、もっと美容効果が高く節約できる方法に変えてみませんか?
誰でも簡単にできる節約ヘアケア法をご紹介します。

手袋でシャンプーする

 

カラーリング用のビニールの手袋をとっておき、これをはめてからシャンプーをします。
この方法だと手についた汚れや皮脂で泡立ちにくいシャンプーがよく泡立つようになるため、シャンプーの量が通常の半分以下に減らせます。

シャンプーがなかなか泡立たなくて、大量のシャンプーを使用している人は要注意。
シャンプー代がもったいないだけでなく、すすぎが充分にできずに頭皮が傷んでしまうことも。

その点、少量のシャンプーで作った大量の泡ならば優しく洗いつつも、すすぎも楽にでき、髪にも良い節約ができてしまいます。
特に手肌が乾燥しやすい人にとって、洗浄力の強いシャンプー剤は刺激になります。

手肌を守りつつ頭皮をキレイに洗い上げてくれるのですから、使わないのは損ですよね。

頭にはターバンを巻く

髪の長い女性はもちろん、髪質の固い女性、髪の多い女性はドライヤーに多くの時間を取られてしまうもの。必要不可欠な日課だけに、ドライヤーの電気量が心配になりますよね。

そんな髪の乾きを助けてくれるのが頭に巻くヘアターバン。

  • お風呂に入ったらまず髪を洗い、吸水性の高い生地を使用したヘアターバンを巻きつけます。
  • あとは体を洗い、湯船につかってゆっくりと過ごしましょう。
  • お風呂からでたらタオルドライし、アウトバストリートメントをつけてドライヤーでしっかりと乾かします。

ヘアターバンが入浴中に水分を吸水してくれるため、使用しない時よりもタオルドライもドライヤーも楽になります。

電気代の節約にもなるうえに、時間の節約にもなるという一石二鳥なアイテムです。

髪にオリーブオイルをつける

髪のゴワつきが気になる方は、ドライヤーで乾かす前にオリーブオイルを数滴手になじませてから髪に塗布してください。オリーブオイルは食用のものでOKです。

オリーブオイルにはビタミンEが含まれているため、髪に塗布するとサラサラになります。
しっとりさせたいのであれば、ハチミツを少し混ぜてみるのもおすすめです。
純度の高いエクストラバージンオイルを利用しましょう。

家庭にある意外なモノでサロン並のヘアケアができる?

ヘアアイテムを少し変えてみるだけで、毎日の支出がグッと抑えられるようになります。
なおかつ以前よりキレイになれるなら、やってみる価値はありますよね。
ぜひ、検討してみてください。

[ 節約 ] 記事一覧

カードローンキャッシングの前に|お金を借りる人のためのサイト

総合 - アクセスランキング