ラクトフェリンでぷるぷる赤ちゃん肌に!

[更新]  /  [公開] 2015年8月19日

産まれたばかりの赤ちゃんには、できる限り初乳を飲ませましょう。

現在妊娠中の方や、すでに出産を経験した女性の方であれば、母親学級などでこのような教えを受けたのではないかと思います。

初乳とは、出産をしたお母さんの身体から分泌される母乳で、出産後1週間以内に分泌される特別な母乳を指します。

ではなぜ、初乳を生まれたての赤ちゃんに飲ませることが重要なのでしょうか?

初乳にはラクトフェリンが含まれています

ラクトフェリンとは、鉄分と結合する性質を持ったタンパク質で、動物の乳に含まれている成分です。

初乳にはこのラクトフェリンが豊富に含まれており、生まれたばかりの赤ちゃんの免疫力や抵抗力を高め、細菌やウィルスから守る働きをします。

また、最近の研究に於いて、ラクトフェリンにアンチエイジング効果があることがわかっています。

ラクトフェリンのアンチエイジング効果について

ラクトフェリンは、牛乳1Lに対してわずか0.2gしか含まれていない貴重な成分です。

つまり、ラクトフェリンを体内に取り込むためには、ラクトフェリンサプリに頼ることが手っ取り早い方法であると考えることができます。

また、現在ではラクトフェリンを配合した化粧品も販売されるようになり、それを使い続けて行くうちに、徐々にシワやシミの改善効果が現れると評判になっているようです。

私たちのお肌には、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなど、若さを保つために必要不可欠となる成分が存在していますが、これらは40代に差しかかる頃から急激に減少し、そのためお肌には現れて欲しくない老化現象が現れてくるようになります。

それを食い止め、アンチエイジングに必要なお肌の成分を増やす役割を持つのがラクトフェリンであるということです。

ラクトフェリンは活性酸素を撃退する!?

前述の通り、ラクトフェリンは鉄分と結合しやすいという特徴を持っており、体内の活性酸素と鉄分の結合を阻害します。

鉄分は美肌に欠かすことのできない成分ですので、活性酸素に鉄分を持って行かれてしまう前にラクトフェリンが鉄分と結合してくれて、老化防止効果を期待できるというのも納得ですね。

赤ちゃんが必要としている成分は、私たち大人だって欲しいものです。
老化肌が気になってきたら、ラクトフェリン配合の化粧品を試してみてはいかがでしょうか。

[ しわ・たるみ ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング