こんなムダ毛処理方法があったとは!手作りワックスでツルツルのお肌を手に入れよう!

[更新]  /  [公開] 2015年8月10日

photo credit: jello'd via photopin (license)
photo credit: jello’d via photopin (license)

自分で行うムダ毛処理の方法と言えばカミソリや毛抜きなどが思いつきますよね。

でもムダ毛処理の方法は他にもたくさんあり、処理したい部位によって方法を変えるのも大切。
特に自分で処理するのが難しいデリケートゾーンのムダ毛は、ワックス脱毛ならキレイに処理することが出来ます。

しかも、ワックスは手作りすることが可能。コスパも良くてツルツルになれる、手作りのシュガーワックスを紹介します!

欧米では主流の脱毛法

欧米ではVIOなどデリケートゾーンのムダ毛を、ブラジリアンワックスという方法で処理することが主流です。

ブラジリアンワックスは。脱毛用のワックスをムダ毛処理したい部分に塗って、一気に引きはがすというものです。

生えている毛を抜くだけなので永久的な脱毛効果はありませんが、毛根から抜くのでカミソリやシェーバーで剃るよりも長持ちします。

ただし、一気に毛を抜くので慣れるまでは痛みを我慢するのが大変かもしれません。

ブラジアンワックスは家でも出来る!

ブラジリアンワックスは専門のサロンで受けることも出来ますが、専用のワックスを使えば自分でも出来ます。

ワックスは市販のものを購入しても良いですし、なんと簡単な材料で手作りすることが出来るのです。

【材料】

  • 砂糖 2カップ
  • レモン汁 1/4カップ
    (レモンを絞ったものでも、市販のものでもOK)
  • 水 1/4カップ

【作り方】

  1. 材料を鍋に入れて、中火で温めます。
    焦げ付かないようにかき混ぜながら温めましょう。
  2. 沸騰したら弱火にして茶色くなるまでしっかりと煮詰めます。煮詰める時間は25分程度が目安です。
  3. 鍋のまま少し冷まして、容器に入れれば完成です。

手作り脱毛ワックスを使ってみよう!

手作りのシュガーワックスは、冷めてはちみつほどの粘りになればすぐに使うことが出来ます。

いざ脱毛をする際に必要なのは「ワックス」と「スパチュラ」、「綿の布」です。

スパチュラはアイス用の木べらが入手しやすくて使いやすいですし、布は不要になったTシャツやサラシでも大丈夫。

その他、ベビーパウダーがあるとより脱毛しやすくなります。
では使ってみましょう!

【使い方】

  1. 脱毛したい部分にスパチュラもしくはへらを使って、出来るだけ薄くワックスを塗ります
    ※ワックスの前にベビーパウダーを軽くはたいておくと、ワックスをつけやすいです。
  2. ワックスを塗った上に布をあて、しっかりなじませます
  3. 毛の流れに逆らって思いっきり剥がします
    (とにかく一気に、べりっと剥がすのがコツです!)

以上を何度も繰り返して脱毛していきます。

ワックスが広げにくい場合は、湯せんあるいは電子レンジを使って温めて柔らかくしましょう。
熱すぎるワックスを肌につけてしまうと火傷になるので、温度には注意してくださいね!

アフターケアを忘れずに!

脱毛した後は冷やしたタオルや、タオルで包んだ保冷剤をあてるなどして肌を冷やします。
その後は化粧水で保湿します。

もしワックスが肌に残っている場合は、シャワーなどで洗い流しましょう。

肌が敏感になっているので、石鹸は使わない方がベターです。

ワックス脱毛をするときの注意点!

ワックスを使った脱毛は、肌への刺激が強いのでアフターケアを怠ったり間違った使い方をするとトラブルに繋がります。

また、ワックスの固さの見極めや剥がし方に慣れが必要なので、最初の内は時間がかかったり失敗することもあるかもしれません。

一度ワックス脱毛を受けられるサロンで試してみて、手順や方法など確認してみると安心です。

自分で作ったワックスは、かわいい瓶に入れてリボンなどでデコレーションすれば、まるで売り物のように素敵に仕上がるのも魅力です。

はちみつを入れてスキンケア効果をプラスしたり、エッセンシャルオイルで香り付けしてみても良いでしょう。

VIOのムダ毛が気になるけれど、自分で処理する方法がわからない…という方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

[ セルフ脱毛 ] 記事一覧

脱毛マニアがサロンやクリニックの口コミを徹底比較! おすすめランキングですぐにみつかる

総合 - アクセスランキング